2019.06.07

ホームタウン

【ホームタウンニュース】宇都宮市の姉妹都市、フランス オルレアン市の皆様へ栃木SCをご紹介しました!

6月6日(木)二荒山会館にて、フランス共和国 オルレアン市の皆様へ、橋本大輔取締役社長が栃木SCのご紹介をする機会をいただきました。 


今年は、宇都宮市とオルレアン市が姉妹都市を結んで30周年ということで、オルレアン市よりマルティン・グリヴォ氏(オルレアンメトロポール代表議員)、セリン・コルニエ氏(国際関係部門代表)、ドミニク・トリペ氏(市会議員)の3名が来日。

宇都宮の魅力の一つとして、宇都宮ブリッツェン様、そして栃木SCをPRいたしました。


橋本代表より、日本のサッカーリーグの仕組みから、栃木SCの成り立ち、宇都宮市民の皆様と見たい未来像などをご説明差し上げました。

皆様、橋本代表のプレゼンを真剣に聞いてくださり、「全カテゴリーで何名の選手がいるのか」「毎試合何名程度のお客様が集まるのか」などの活発なご質問をいただきました。

フランスはサッカーがとても盛んな国で、オルレアン市にもリーグ2に所属するサッカークラブ「USオルレアン・ロワレ」があります。「クラブに所属する少年たちを中心に、国際交流ができるといいですね。」という夢広がるお言葉をいただきました。


最後に、皆様のお名前入りの栃木SCユニフォームをプレゼント。

とても喜んでいただき、その場で着用してくれました!

今後とも、宇都宮市がオルレアン市と素敵な交流が持てること、栃木SCがその一助となれることを願っております。

また皆様にお会いできる日を楽しみにしています!


オルレアン市のご紹介はコチラ↓

https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/shisei/gaiyo/kokusai/1007510.html