2018.10.13

アカデミー

【ユース試合結果(10/13)】 2018Jユースカップ 第 26 回Jリーグユース選手権大会1回戦 vsブラウブリッツ秋田U-18<2回戦進出!>

▼試合結果<1回戦>

ブラウブリッツ秋田U-18 1-1 栃木SCユース
(前半)0-0
(後半)0-0
(延長前半)0-1
(延長後半)1-0
(PK戦)3-5


【得点者】
97分 小堀 空(栃木)
100+3分 桜芝 源太(秋田)


【会場】
秋田市八橋運動公園陸上競技場
 

▼スターティングメンバー
◆栃木SC

GK 16 野中 綾太
DF 5 中三川 海斗
DF 4 藤井 翔太
DF 17 黒川 恭也
MF 15 柴田 大地

MF 14 清村 陽空
MF 8 鈴木 隼斗
MF 18 小堀 空
MF 7 栁 陸斗
FW 11 吉野 陽翔
FW 9 坂本 昂優


(控えメンバー)
GK 1 西原 真樹
DF 6 川原 丸暉
DF 2 青柳 愛翔
DF 39 三田 楽毅
DF 3 藤原 隼
MF 24 小森 康汰
FW 36 秋元 琉翔


監督 浜嶋 淳郎




▼試合後の監督・選手コメント

■浜嶋 淳郎監督 
まずはじめに、アウェーでの試合にも関わらず、多くの保護者の方々が秋田まで応援に駆けつけて下さいました。最後の最後まで力強い声援を送っていただき本当に心強かったですし、最後まで前を向き走り続けることができました。

また、ホーム運営をしてくださったブラウブリッツ秋田さんのご協力もあり、素晴らしいスタジアム、雰囲気の中で試合をさせていただきました。

試合内容に関しては、延長戦含め自分たちが主導権を握り試合を進めることができましたが、秋田さんのゴール前での固い守りをなかなか崩すことができませんでした。
非常に苦しい試合ではありましたが、こういったゲームを勝ちきれるようになったのはチームの成長だと思いますし、1試合通してチームが同じ方向を向いて1つになって走れるようになってきています。
まだまだチームは成長していくと思います。

ただ、次のアビスパ福岡さん(プレミアリーグ)との試合に向け、守備オーガナイズ(チーム全体の繋がり、プレッシングに行くための準備)であったり、マイボール時の前進の仕方など、多く出た課題を当然修正をしなければなりません。選手たちに次の相手のイメージをしっかり持たせた中で、1人1人が迷わずプレーを選択していけるように準備していきたいと思います。

次の相手も簡単に勝てる相手ではないですが、今日のような最高の雰囲気の中で、さらには厳しい試合を1試合でも多く選手たちとしたいですし、自分たちを信じてプレーし続けます。



■MF7 栁陸斗選手
―試合を振り返っていただけますか
今日は全員で戦うことができ、なかなか決め切ることができないことが多くて、自分たちの課題を感じましたし、でもその中でこういった難しい試合を勝ち切ることができたのは成長したところかなと思います。
―延長戦へもつれこみ厳しい戦いだったと思いますが、勝った時はどんな気持ちでしたか
延長で1-1でPK戦になり、自分は足がつってしまいベンチに下がってしまったのですが、最後は仲間を信じて祈るだけでしたね。
―来週の2回戦のアビスパ福岡戦へ向けて
今日出た課題と、福岡はプレミアリーグで戦っているチームなのでしっかり分析をして、自信を持って戦いたいと思います!



■GK16 野中綾太選手
―試合を振り返っていただけますか
延長戦の後半のラストに失点してしまって、焦りましたがチームのみんながたくさん声をかけてくれて、あまり緊張せずにプレーすることができました。その結果、1本目にPKを止めることができ、そしてチームのみんなもPKを落ち着いて決めてくれて勝つことができて良かったです。
―来週の2回戦のアビスパ福岡戦へ向けて意気込みを聞かせてください
今回の試合でできていたところを更に活かしながら、次の試合も全力を尽くして戦いたいなと思います!



▼フォトギャラリー

(photos by Shinya)


<2回戦>
10月20日(土)14:00キックオフ
vsアビスパ福岡U-18 

会場:福岡フットボールセンター


引き続き温かいご声援を宜しくお願い致します!!!


※詳細はJリーグ公式HPでご確認ください→https://www.jleague.jp/release/post-55623/

●大会プログラムは こちら