結果(詳細)

第9節 2020/08/02(日) 18:03〜 栃木グ(1,953人)
晴 主審:高山 啓義 副審:田尻 智計 , 金次 雄之介

HOME

栃木SC

試合終了

0-0

  • 0前半0
  • 0後半0

AWAY

アルビレックス新潟

栃木SC

監督田坂 和昭

先発

  • GK

    1

    川田 修平

  • DF

    4

    髙杉 亮太

  • DF

    30

    田代 雅也

  • DF

    6

    瀬川 和樹

  • MF

    15

    溝渕 雄志

  • MF

    25

    佐藤 祥

  • MF

    14

    西谷 優希

  • MF

    18

    森 俊貴

  • FW

    29

    矢野 貴章

  • FW

    21

    大﨑 淳矢

  • FW

    8

    明本 考浩

控え

  • GK

    31

    大野 哲煥

  • DF

    40

    井出 敬大

  • MF

    13

    禹 相皓

  • MF

    24

    和田 達也

  • FW

    16

    榊 翔太

  • FW

    19

    大島 康樹

  • FW

    34

    有馬 幸太郎

アルビレックス新潟

監督アルベルト

先発

  • GK

    41

    藤田 和輝

  • DF

    2

    新井 直人

  • DF

    3

    マウロ

  • DF

    5

    舞行龍ジェームズ

  • DF

    31

    堀米 悠斗

  • MF

    16

    ゴンサロ ゴンザレス

  • MF

    20

    島田 譲

  • MF

    13

    中島 元彦

  • MF

    6

    秋山 裕紀

  • FW

    11

    渡邉 新太

  • FW

    19

    ペドロ マンジー

控え

  • GK

    1

    大谷 幸輝

  • DF

    4

    岡本 將成

  • DF

    27

    大本 祐槻

  • DF

    28

    早川 史哉

  • MF

    8

    シルビーニョ

  • MF

    10

    本間 至恩

  • FW

    39

    矢村 健

ゲームイベント

交代

栃木 46*' FW 21 大﨑 淳矢 → FW 16 榊 翔太
86' FW 16 榊 翔太 → MF 24 和田 達也
90+3' FW 8 明本 考浩 → FW 34 有馬 幸太郎

新潟 56' DF 31 堀米 悠斗 → MF 10 本間 至恩
56' FW 19 ペドロ マンジー → MF 8 シルビーニョ
56' MF 6 秋山 裕紀 → DF 27 大本 祐槻

イエローカード

栃木 45+2' 30 田代 雅也

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

アルビレックス新潟

シュート数

10
9
DF 6
瀬川 和樹
1
MF 18
森 俊貴
2
MF 25
佐藤 祥
1
FW 8
明本 考浩
3
FW 16
榊 翔太
1
FW 29
矢野 貴章
2
DF 3
マウロ
2
MF 13
中島 元彦
4
FW 11
渡邉 新太
1
FW 19
ペドロ マンジー
2

CK

2
4

直接FK

8
15

間接FK

2
2

PK

0
0

GK

9
9

オフサイド

2
2

ハーフタイムコメント

栃木SC

・守備では、連携してスライドを続けていくこと
・攻撃では、奪ったあとに良い形もできているので、状況を見て続けていくこと
・こういったゲームをモノにして勝とう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

選手はよく頑張っていましたし、プラン通りのゲーム展開でしたが、勝点3が取れなかったことは悔しいです。ただ、今日の試合は非常に選手の成長も感じましたし、我々として1ランク上に行けるようなゲームだったかなと思っています。

守備では、相手が中央に人数をかけてきて、ボランチが4枚並べる形で引き出してきましたが、うまく対応をしていたと思います。今日は明本(考浩)をあえてFWにして前からプレッシャーをかける場面もありましたし、良い形ではまってチャンスも作っていました。攻撃でも、良い守備から良い攻撃という我々のモットーなので、そういったところで中央を狙った攻撃からいくつかチャンスを作ることができましたが、最後を決めきれなかった。

ただ、この3連戦の最後のゲームでしたが、選手たちもかなりのプレッシャーをかけてくれましたし、これをベースにして今後もやっていきたいと思います。

■矢野貴章選手

ー古巣との対決とああって、気合も入っていたように見えましたが

平常心でやっているつもりでしたが、やっぱり力は入りますし、勝ちたいという気持ちがすごくあったので、引き分けてしまいすごく残念です。

ー今季初めて明本選手と2トップを組みました。相手のビルドアップに制限をかける役割があったと思いますが、どういう手ごたえですか

やる前にアキ(明本)と話しながらやりました。アキが運動量も多く、すごく頑張ってくれたと思います。

ー決定期も多い試合でしたが、決め切りたかったという試合ですか

そうですね。決めなければいけないシーンもあったのでもったいなかったと思いますが、相手のGKもすごくいいセーブを何回もしていましたのでなかなか難しかったです。

ー監督も会見で「1ランク上に行ける試合だったのではないか」と話していました

強い相手に対して決定的なチャンスを作る場面もありましたし、そういった意味ではこれからも自信を持って戦っていけると思いますし、さらに上の順位を目指していくにはこういった試合で勝つことが大事だと思います。

■森俊貴選手

ー決定期がある中でくやしい心境だと思いますが、率直な感想は

本当に悔しいの一言です。僕には試合を通じて3本あったチャンスがありましたが、決めきれなかったことが結果に直結したと思うので、勝点を2つ落としたのは自分の責任だと思っています。

ー最後のカウンター良い形でゴール前まで運びました、過程も含めて振り返っていただけますか

ボールを受けてターンをして、まずは味方を使おうとドリブルを開始したのですが、全員を戻していたので、仲間もいない状況だったのでドリブルでいこうと。相手選手も体力的にしんどかったと思うので抜けられて、キーパーとの11まで行けましたが、結局決め切ることができなかったので意味がなかったのかなと思います。