結果(詳細)

第7節 2020/07/26(日) 19:03〜 Gスタ(721人)
曇のち雷雨のち雨 主審:窪田 陽輔 副審:森川 浩次 , 桜井 大介

HOME

FC町田ゼルビア

  • マソビッチ 23'
  • 小田 逸稀 45'

試合終了

2-0

  • 2前半0
  • 0後半0

AWAY

栃木SC

FC町田ゼルビア

監督ランコ ポポヴィッチ

先発

  • GK

    1

    秋元 陽太

  • DF

    22

    小田 逸稀

  • DF

    5

    深津 康太

  • DF

    4

    水本 裕貴

  • DF

    2

    奥山 政幸

  • MF

    7

    マソビッチ

  • MF

    18

    髙江 麗央

  • MF

    25

    佐野 海舟

  • MF

    14

    吉尾 海夏

  • MF

    10

    平戸 太貴

  • FW

    16

    安藤 瑞季

控え

  • GK

    42

    福井 光輝

  • DF

    23

    酒井 隆介

  • MF

    19

    土居 柊太

  • MF

    29

    森村 昂太

  • FW

    9

    ステファン

  • FW

    20

    ドリアン バブンスキー

  • FW

    30

    中島 裕希

栃木SC

監督田坂 和昭

先発

  • GK

    22

    塩田 仁史

  • DF

    4

    髙杉 亮太

  • DF

    30

    田代 雅也

  • DF

    6

    瀬川 和樹

  • MF

    15

    溝渕 雄志

  • MF

    25

    佐藤 祥

  • MF

    13

    禹 相皓

  • MF

    18

    森 俊貴

  • FW

    29

    矢野 貴章

  • FW

    16

    榊 翔太

  • FW

    8

    明本 考浩

控え

  • GK

    1

    川田 修平

  • DF

    23

    柳 育崇

  • MF

    19

    大島 康樹

  • MF

    14

    西谷 優希

  • MF

    21

    大﨑 淳矢

  • FW

    9

    エスクデロ 競飛王

  • FW

    34

    有馬 幸太郎

ゲームイベント

交代

町田 74' FW 16 安藤 瑞季 → FW 9 ステファン
74' MF 14 吉尾 海夏 → MF 29 森村 昂太
79' MF 7 マソビッチ → MF 19 土居 柊太
90+4' MF 10 平戸 太貴 → FW 20 ドリアン バブンスキー
90+4' DF 22 小田 逸稀 → DF 23 酒井 隆介

栃木 60' GK 22 塩田 仁史 → GK 1 川田 修平
69' FW 16 榊 翔太 → FW 9 エスクデロ 競飛王
69' MF 13 禹 相皓 → MF 21 大﨑 淳矢
69' MF 15 溝渕 雄志 → MF 19 大島 康樹
90+2' MF 25 佐藤 祥 → FW 34 有馬 幸太郎

イエローカード

町田 40' 2 奥山 政幸

栃木 84' 25 佐藤 祥

チームスタッツ

FC町田ゼルビア
  • 合 計

栃木SC

シュート数

7
16
DF 4
水本 裕貴
1
DF 22
小田 逸稀
1
MF 7
マソビッチ
1
MF 14
吉尾 海夏
2
MF 18
髙江 麗央
1
FW 16
安藤 瑞季
1
DF 4
髙杉 亮太
2
DF 6
瀬川 和樹
1
MF 18
森 俊貴
1
MF 21
大﨑 淳矢
2
MF 25
佐藤 祥
1
MF 13
禹 相皓
3
MF 15
溝渕 雄志
1
FW 29
矢野 貴章
3
FW 8
明本 考浩
1
FW 16
榊 翔太
1

CK

3
8

直接FK

15
17

間接FK

2
2

PK

0
0

GK

15
6

オフサイド

1
2

ハーフタイムコメント

栃木SC

・リスタートからの失点、確認すること
・攻撃ではチャンスを作れているので継続していくこと
・まずは1点返して、逆転しよう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

悔しいです。リスタートで2失点して、リスタートで得点が取れなかったという試合でした。オープンプレーで言ったらほぼほぼ危ないシーンはなかったですが、逆に点が取れなかったというところが引き続き課題です。悔しい一戦だなと思っています。ただ、できたこととしては全員が前からプレッシャーをかけて、相手に何もさせずに引っかけてチャンスを作ろうとしたところは選手たちはやってくれていました。攻撃の面では、最後のあと一歩というところです。チーム全体としてまたトレーニングをして改善していきたいなと思います。

ー失点シーンはCKから同じような形でしたが、監督はどう見ているでしょうか。

ピッチレベルから見た感想ですが、相手がショートコーナーをやってきたときのキッカーマークだったり、それともう少しラインをあげないといけないのかなとは感じました。少しラインが上がればああいった形にはならなかったのかなというのは思っています。もう一度映像を見て検証をしますが、相手のキッカーの質が高かったとは思います。

■瀬川和樹選手

ー激しい試合でしたが勝敗を分けたポイントは

セットプレーから同じ形でやられてしまったことが全てだと思います。攻撃に関してはもっと精度を上げていかないと勝ちきれないという印象です。

ーリスタートを迎えるシーンは町田の逆サイドへの狙いからでしたが、その過程についてはどう見ていますか

自分たちがプレッシャーを掛けることであそこに蹴られるというのは想定はしていましたが、そこでできるだけコーナーキックにしないというところもすごく重要だったと思います。ただ、セットプレーを与えても弾ければ問題はないわけで、セットプレーを与えたから良くなかったという印象は僕は持っていないです。

ー攻撃の精度について

シュートまで行っているが相手が体を張って阻止した部分もありますが、入っていないというところで原因はあります。ただ今日は、みんなシュートの意識があったので良い面は出ましたがそこで決まっていないという現実があるので、また中2日ですが映像を見てみんなで改善していきたいと思っています。

■矢野貴章選手

ー前半の2点が重かったと思いますが

相手に良いキッカーがいることは分かっていましたし、練習の中でも警戒をしていたのですが、同じような形で2失点してしまったとこは非常にもったいないなと思います。

ー攻撃の部分について

前半の入りにいい形が何回かあった中で僕自身も決めきれなかったですし、失点してからでもチャンスはあったと思うのですが決めきれなかった。攻撃としては1点も取れなかったことは悔しいです。

ービハインドでの後半、選手交代もあり周りとの連携はいかがでしたか

交代選手と言うよりも、もっとボールを持った時に自信を持って扱うことができればもっといい攻撃ができると思いますし、それぞれの良さが絶対出ると思います。そういったところで、ボールを受けることを怖がらずにもっとボールを動かしていくような、ボールを保持すると言うことではなくボールをもと大事に扱うと言うところもっとやっていかなければいけないなと思います。