結果(詳細)

第40節 2019/11/10(日) 14:03〜 栃木グ(8,426人)
晴 主審:池内 明彦 副審:五十嵐 泰之 , 淺田 武士

HOME

栃木SC

試合終了

0-0

  • 0前半0
  • 0後半0

AWAY

大宮アルディージャ

栃木SC

監督田坂 和昭

先発

  • GK

    23

    川田 修平

  • DF

    27

    久富 良輔

  • DF

    36

    乾 大知

  • DF

    30

    田代 雅也

  • DF

    45

    瀬川 和樹

  • MF

    37

    浜下 瑛

  • MF

    26

    枝村 匠馬

  • MF

    25

    ユウリ

  • MF

    21

    大﨑 淳矢

  • FW

    5

    ヘニキ

  • FW

    16

    榊 翔太

控え

  • GK

    35

    浅沼 優瑠

  • DF

    22

    メンデス

  • MF

    14

    西谷 優希

  • MF

    10

    西谷 和希

  • MF

    11

    平岡 翼

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    47

    キム ヒョン

大宮アルディージャ

監督高木 琢也

先発

  • GK

    1

    笠原 昂史

  • DF

    45

    櫛引 一紀

  • DF

    50

    畑尾 大翔

  • DF

    6

    河面 旺成

  • MF

    20

    酒井 宣福

  • MF

    5

    石川 俊輝

  • MF

    7

    三門 雄大

  • MF

    18

    イッペイ シノヅカ

  • MF

    8

    茨田 陽生

  • MF

    33

    奥抜 侃志

  • FW

    22

    フアンマ デルガド

控え

  • GK

    32

    加藤 有輝

  • DF

    4

    山越 康平

  • DF

    13

    渡部 大輔

  • MF

    26

    小島 幹敏

  • MF

    11

    ダヴィッド バブンスキー

  • FW

    28

    富山 貴光

  • FW

    10

    大前 元紀

ゲームイベント

交代

栃木 74' FW 16 榊 翔太 → FW 9 大黒 将志
82' FW 5 ヘニキ → FW 47 キム ヒョン
89' MF 21 大﨑 淳矢 → MF 10 西谷 和希

大宮 56' MF 8 茨田 陽生 → FW 28 富山 貴光
63' MF 33 奥抜 侃志 → FW 10 大前 元紀
85' MF 5 石川 俊輝 → DF 4 山越 康平

イエローカード

大宮 ***' 22 フアンマ デルガド

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

大宮アルディージャ

シュート数

11
7
DF 36
乾 大知
1
DF 45
瀬川 和樹
1
MF 10
西谷 和希
1
MF 21
大﨑 淳矢
1
MF 37
浜下 瑛
1
FW 5
ヘニキ
1
FW 9
大黒 将志
2
FW 16
榊 翔太
2
FW 47
キム ヒョン
1
DF 6
河面 旺成
1
MF 18
イッペイ シノヅカ
1
MF 33
奥抜 侃志
1
FW 10
大前 元紀
2
FW 22
フアンマ デルガド
1
FW 28
富山 貴光
1

CK

5
3

直接FK

10
12

間接FK

1
0

PK

0
0

GK

9
7

オフサイド

1
0

ハーフタイムコメント

栃木SC

・システムを変えてくるので、立ち上がり確認をすること
・カウンターに気を付けること
・サイドから攻略して、しとめよう
・後半も粘り強く戦って、勝点3を取ろう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

「今シーズンのホームゲームは最後でしたが、今の状況を考えても2位の大宮に勝ちたかった試合です。結果として勝点3を獲ることができず、今季を物語るような、もう少しのところという試合だったと思います。最後を押し切れなかったり、チャンスを決め切れなかったり、苦しい試合でしたが、最後に勝点3を獲れなかったことが悔しいです。ただ、前半から相手がシステムを変えたように、我々の守備に相手が苦戦していました。前半のラスト5分にシステムを変えてマッチアップしてきましたが、それにより力の差が出て後半は押し込まれるシーンもあったのですが、それでも選手はよく耐えて、後半の20分以降はよく押し返したと思います。そういう見で力がついてきましたし、その上で何度か決定機は作れました。先ほどサポーターやスポンサーや関係者の皆さんに挨拶をしたのですが、残り2試合、選手やスタッフが一丸となって闘うのはもちろんですが、今季はアウェイでなかなか勝てていないので、何とか、サポーターの皆さん、ここにいる記者の皆さん、すべての皆さんの力を借りて、最終的に残留という結果を出したいと思っています。明日から次の長崎戦に向けてスタートします。何とか引退する廣瀬浩二をいい形で送れるように、明日から精進していきます。残り2試合、よろしくお願いいたします」

■乾大知選手

――非常にコンパクトな守備で無失点です。
「チームとして守れたと思うし、今日の引き分けは最低ラインだったので、できれば勝ちたかったですが、勝点1が獲れたので次に繋がると思います」
――最後まで攻撃的な選手を入れていき、しっかり攻めながらも守るというバランスが良いのでは。
「中でやっている選手たちも全員がハードワークしているし、交代で入ってくる選手たちも監督の指示も踏まえてしっかりプレーできているし、全体がいい雰囲気の中でやれていると思います。試合の18人のメンバーだけではなく、メンバー外の選手たちも、たとえばピッチ外から菅ちゃん、(岩間)雄大さんら鼓舞する声がピッチ上の選手を勇気づけているし、それらを感じながら選手はプレーできていると思います」

■川田修平選手

――無失点でした。
「フィールドの選手もハードワークして闘ってくれていたし、ゼロに抑えることができたことはチームとして非常に良かったと思います」
――試合に出るようになってから初めてのクリーンシートです。
「そうですね。ここでゼロで抑えることができたので、気持ち的に良かったですし、これからの試合に向けた自信になるし、自分のターニングポイントになると思います」
――後半はビッグセーブもありました。
「自分ではあまりビッグセーブだと思っていませんが、相手のチャンスもあるなかで、そこをしっかり防ぐことができたと思います。クロスボールやルーズボールに飛び出していけたことは良かったと思います」

■瀬川和樹選手

――今日もCKやFK、ロングスローも多数ありました。感触は。
「合うシーンもありましたが、ミスもあったので、良かったとは言えませんが、セットプレーが多いことは良いことだと思うので、それを1本、2本合わせればというところです」
――一方で、守備では相手のシノヅカ選手のカウンターやドリブルは脅威でした。
「個の力がある選手ですが、やられるとは思っていなかったです。交わされたシーンもありますが、逆に奪い切ってそのまま前へ行くシーンも作れていたので、やられたシーンを反省して次に向かいたいです」
――この勝点1は大きいのでは。
「そうですね。残り2試合、わかりやすく勝てばいい状況だと思っているので、残り2戦を2勝できるように。何としても残留しようと思います」