結果(詳細)

第37節 2019/10/20(日) 14:03〜 栃木グ(6,255人)
曇 主審:上田 益也 副審:村田 裕介 , 小曽根 潮

HOME

栃木SC

試合終了

0-2

  • 0前半0
  • 0後半2

AWAY

FC琉球

  • 上門 知樹 79'
  • 上門 知樹 90+5'

栃木SC

監督田坂 和昭

先発

  • GK

    23

    川田 修平

  • DF

    27

    久富 良輔

  • DF

    36

    乾 大知

  • DF

    30

    田代 雅也

  • MF

    29

    川田 拳登

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    25

    ユウリ

  • MF

    45

    瀬川 和樹

  • FW

    16

    榊 翔太

  • FW

    21

    大﨑 淳矢

  • FW

    26

    枝村 匠馬

控え

  • GK

    35

    浅沼 優瑠

  • DF

    18

    坂田 良太

  • DF

    15

    森下 怜哉

  • MF

    24

    和田 達也

  • MF

    31

    三宅 海斗

  • MF

    37

    浜下 瑛

  • MF

    11

    平岡 翼

FC琉球

監督樋口 靖洋

先発

  • GK

    1

    カルバハル

  • DF

    37

    鳥養 祐矢

  • DF

    4

    岡﨑 亮平

  • DF

    33

    福井 諒司

  • DF

    5

    徳元 悠平

  • MF

    36

    風間 宏矢

  • MF

    20

    上里 一将

  • MF

    6

    風間 宏希

  • MF

    13

    河合 秀人

  • FW

    14

    上門 知樹

  • FW

    9

    山田 寛人

控え

  • GK

    23

    石井 綾

  • MF

    7

    小野 伸二

  • MF

    8

    小松 駿太

  • MF

    10

    富所 悠

  • MF

    11

    田中 恵太

  • MF

    34

    ハモン

  • FW

    21

    上原 慎也

ゲームイベント

交代

栃木 70' FW 16 榊 翔太 → MF 11 平岡 翼
79' MF 29 川田 拳登 → MF 37 浜下 瑛
83' MF 5 ヘニキ → MF 31 三宅 海斗

琉球 15' DF 37 鳥養 祐矢 → FW 21 上原 慎也
90+4' MF 36 風間 宏矢 → MF 11 田中 恵太

イエローカード

栃木 22' 21 大﨑 淳矢

琉球 2' 33 福井 諒司

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

FC琉球

シュート数

8
5
DF 27
久富 良輔
1
DF 30
田代 雅也
1
MF 29
川田 拳登
1
MF 31
三宅 海斗
1
MF 45
瀬川 和樹
1
FW 21
大﨑 淳矢
3
MF 6
風間 宏希
1
MF 13
河合 秀人
1
FW 14
上門 知樹
3

CK

5
0

直接FK

9
13

間接FK

1
1

PK

0
0

GK

4
11

オフサイド

1
1

ハーフタイムコメント

栃木SC

・相手は中を攻略してくるので、中をしっかり閉じること
・サイドでよい形でチャンスを作れているので、クロスを決め切ること
・後半もみんなの力を合わせて戦うこと

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

「何としてもホームで勝ちたかったですし、試合前、試合中もサポーターが応援してくれていると。前節は甲府戦に来られなかったサポーターもいたので何としても勝利を届けたかったのですが、結果として負けてしまったことは残念でなりません。サポーターのためにも次は勝つゲームをしたいと思います。内容を見れば、やるべきことはやったと思います。守備の面についても、1失点目だけは中を攻略されてしまいましたが、それ以外は相手の特徴を踏まえてやれていたし、後半は相手がやり方を変えてきてからも順応しながら、全員が献身的に良く走っていました。今のチームカラーである全員で守備をするというところは出ているので、それだけに1失点目は痛い失点でした。攻撃の面もやることはやっていると思います。奪ったあとにどう攻めるのかも整理できていました。チャンスはいくつか作りましたが、なかなかゴールが決められなかったと。ここから言えるのは最後のクオリティになるということです。琉球はあまりチャンスを作っていなくともゴールを決めました。我々は数多くチャンスを作ったし、ペナルティエリア内に侵入する回数は比較的多かったと思います。ただ、最後のクオリティが伴わなかったところがあるので、その辺りは練習しないといけないのですが、その点は今試合に出ていない選手がどれだけ奮起して試合に絡んでくるか期待したいですし、今いる選手たちがどれだけクオリティを上げていって結果を掴むのかも期待したいです。次の岡山戦までチームで競争をして、やるべきことをやって、かつ結果も伴わせるように、チームで準備していきたいと思います」

 

■瀬川和樹選手

――左サイドからクロスという形も何本もありましたが、そこで決めたかった。

「僕たちが攻め込んでいる時間帯にゴールが奪えないと意味がないし、今日のように一発でやられてしまうこともあるので、ハーフタイムにも『惜しいではダメなんだ』という話もしたのですが、惜しいで終わってしまった試合だと思います。次の試合に向けてまたいい準備をしないといけないと思います」

――今節の結果、勝点差がより詰まった状態になりました。どう捉えていますか?

「僕たちは残留を目的にやっているので、次の試合に向けて準備して、次の試合に勝てるようにやっていくだけなので、周りがどうなっているかは考える必要はないと思います。目の前の相手に勝つことだけを考えてやっていきたいと思っています」

■三宅海斗選手

――久しぶりの試合出場となりました。

「失点していたので、とにかく前へ前へという指示だったので、そこを意識してプレーしました。チームとしてやるべきことをまずやって、それプラスαでゴールができれば良かったのですが、それができずに残念です」

――今のチームはやるべきことをシンプルにやっていますが、今日のゲームはどう見ていましたか。

「惜しい形が何本かあったのですが、それを決め切れなかったことが響いたと思います。そこは次の岡山戦に向けて、結果を掴めるようにチーム全員で頑張ろうと思っています」