結果(詳細)

第14節 2019/05/18(土) 14:03〜 NACK(9,534人)
晴時々曇 主審:柿沼 亨 副審:蒲澤 淳一 , 金次 雄之介

HOME

大宮アルディージャ

試合終了

0-0

  • 0前半0
  • 0後半0

AWAY

栃木SC

大宮アルディージャ

監督高木 琢也

先発

  • GK

    1

    笠原 昂史

  • DF

    19

    奥井 諒

  • DF

    50

    畑尾 大翔

  • DF

    2

    菊地 光将

  • DF

    4

    山越 康平

  • DF

    6

    河面 旺成

  • MF

    15

    大山 啓輔

  • MF

    5

    石川 俊輝

  • MF

    8

    茨田 陽生

  • FW

    22

    フアンマ デルガド

  • FW

    10

    大前 元紀

控え

  • GK

    21

    塩田 仁史

  • MF

    7

    三門 雄大

  • MF

    26

    小島 幹敏

  • MF

    41

    小野 雅史

  • MF

    11

    ダヴィッド バブンスキー

  • FW

    36

    吉永 昇偉

  • FW

    9

    ロビン シモヴィッチ

栃木SC

監督田坂 和昭

先発

  • GK

    50

    ユ ヒョン

  • DF

    15

    森下 怜哉

  • DF

    4

    藤原 広太朗

  • DF

    30

    田代 雅也

  • MF

    27

    久富 良輔

  • MF

    26

    枝村 匠馬

  • MF

    40

    寺田 紳一

  • MF

    14

    西谷 優希

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    10

    西谷 和希

  • FW

    37

    浜下 瑛

控え

  • GK

    23

    川田 修平

  • DF

    7

    菅 和範

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    平岡 翼

  • FW

    8

    廣瀬 浩二

  • FW

    19

    大島 康樹

  • FW

    42

    イ レジュン

ゲームイベント

交代

大宮 56' MF 5 石川 俊輝 → MF 26 小島 幹敏
68' DF 50 畑尾 大翔 → FW 9 ロビン シモヴィッチ
77' FW 10 大前 元紀 → MF 11 ダヴィッド バブンスキー

栃木 66' MF 40 寺田 紳一 → MF 5 ヘニキ
70' MF 14 西谷 優希 → DF 7 菅 和範
90+1' FW 9 大黒 将志 → FW 19 大島 康樹

イエローカード

栃木 16' 14 西谷 優希
26' 10 西谷 和希
90+1' 9 大黒 将志

レッドカード

栃木 55' 4 藤原 広太朗

チームスタッツ

大宮アルディージャ
  • 合 計

栃木SC

シュート数

19
2
DF 2
菊地 光将
1
DF 4
山越 康平
1
DF 6
河面 旺成
2
DF 50
畑尾 大翔
2
MF 5
石川 俊輝
1
MF 8
茨田 陽生
2
MF 11
ダヴィッド バブンスキー
3
MF 15
大山 啓輔
1
MF 26
小島 幹敏
1
FW 9
ロビン シモヴィッチ
2
FW 10
大前 元紀
3
FW 9
大黒 将志
2

CK

10
4

直接FK

10
12

間接FK

0
0

PK

0
0

GK

3
15

オフサイド

0
0

ハーフタイムコメント

栃木SC

・球際で負けないこと
・大前選手のポジショニングを連携を取って把握すること
・奪ったあと前へ、このゲーム自分たちのものにできるように!

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

「本当に苦しいゲーム内容でしたし、サッカーは何が起こるかわらないものですが、その中で選手たちが臨機応変に、そして気持ちを一つに闘ってくれました。勝点3は取れませんでしたが、我々にとってこの勝点1は大きなもので、また次に繋がる勝点1だと思います。サポーターの人たちもピンチを凌ぐたびに大きな声援を送ってくれて選手たちを励ましてくれました。今日は攻め込まれる時間が多かったですけど、次こそ勝点3が獲れるように何とか点を取れるシーンをもう少し増やしていきたいと思っています」

――勝点1掴めた、選手たちが粘れた要因は。 

 「前節からそうですが、なかなか勝ち切れない試合が続くなかでメンタル的な話をしました。前節甲府戦の前にも話しましたが、我々はチャレンジャーだと。今日の大宮さんはビッグクラブだと。我々は大きなクラブではないので、サッカーで勝つには何をすべきか。心を一つにしないといけないし、試合をやる目的をはっきりして、みんなが同じ方向を向いて戦わないといけない、と。だからこそ、サッカーはこれで勝ったら面白いよと。それを今日起こそうと。前回はホームでできたのだから、今回はアウェイで相手サポーターが多いなかで勝って、栃木のサポーターたちと一緒に喜ぼうという話をするなかで、選手たちの集中が最後まで切れずに、臨機応変に闘ってくれたと思うし、それは良い守備を継続できた部分だと思います」

■森下怜哉選手

――色々なことがあったゲームでした。

「大宮にはファンマのような選手がいて、その中で(藤原)広太朗君が退場処分になって、そこから10人になってから切り替えてプレーに集中することはうまくできたと思います」

――中ではどんな声がかかっていたんでしょう。

「ファーストボールの競り合いでほぼ負けることは前提に、セカンドボールにしっかり集中しようという声がかかっていたし、自分からもそういう発信はしていました。自分がリーダーとしてしっかり声を出すことができたと思います」

――みんな身体を張れていました。

「出ている選手全員が絶対に失点しないという気持ちを出せた試合だったと思います」

■ユ ヒョン選手

――相手はシモヴィッチ選手とファンマ選手が並んでいました。ただ、相手のクロスボールにユ・ヒョン選手が良く出ていました。DFラインとはどんな話を?

「いつも守備ラインには自分が出られるようにスペースを作ってほしいと言っていて、相手が大きな選手を二人入れてきた時間帯もよくできていたと思います」

――2試合連続で無失点です。この2試合の守備に感じていることを教えてください。

「徐々に守備の組織は良くなっていると思うし、前線のオグリさんから連動して守備ができているので、もっと良くなっていくと思います」

■菅和範選手

――この結果、2試合連続でゼロに抑えています。守備の感覚として感じたことは?

「僕は今年初めて試合に使ってもらったんですけど、あれだけみんなが気迫をもって守っているとゼロで抑えられるなと。やられにくい状況を作れていると思いましたし、心強い仲間たちだなと思いましたね」