結果(詳細)

第12節 2019/05/05(日) 14:03〜 鳴門大塚(5,778人)
晴 主審:笠原 寛貴 副審:秋澤 昌治 , 田島 宏則

HOME

徳島ヴォルティス

  • 清武 功暉 25'
  • ヨルディ バイス 77'
  • 岩尾 憲 90+2'

試合終了

3-2

  • 1前半1
  • 2後半1

AWAY

栃木SC

  • 大黒 将志 9'
  • 西谷 和希 83'

徳島ヴォルティス

監督リカルド ロドリゲス

先発

  • GK

    21

    梶川 裕嗣

  • DF

    5

    石井 秀典

  • DF

    3

    ヨルディ バイス

  • DF

    2

    田向 泰輝

  • MF

    17

    表原 玄太

  • MF

    8

    岩尾 憲

  • MF

    32

    小西 雄大

  • MF

    7

    内田 裕斗

  • MF

    22

    藤田 征也

  • MF

    13

    清武 功暉

  • FW

    15

    岸本 武流

控え

  • GK

    1

    永井 堅梧

  • DF

    19

    鈴木 大誠

  • MF

    11

    野村 直輝

  • MF

    14

    杉本 竜士

  • MF

    10

    狩野 健太

  • FW

    47

    押谷 祐樹

  • FW

    18

    佐藤 晃大

栃木SC

監督田坂 和昭

先発

  • GK

    50

    ユ ヒョン

  • DF

    15

    森下 怜哉

  • DF

    4

    藤原 広太朗

  • DF

    30

    田代 雅也

  • MF

    37

    浜下 瑛

  • MF

    40

    寺田 紳一

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    14

    西谷 優希

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    10

    西谷 和希

  • FW

    19

    大島 康樹

控え

  • GK

    23

    川田 修平

  • DF

    7

    菅 和範

  • DF

    28

    温井 駿斗

  • DF

    27

    久富 良輔

  • MF

    6

    古波津 辰希

  • MF

    11

    平岡 翼

  • FW

    16

    榊 翔太

ゲームイベント

交代

徳島 73' FW 15 岸本 武流 → FW 47 押谷 祐樹
80' MF 13 清武 功暉 → FW 18 佐藤 晃大
84' MF 17 表原 玄太 → MF 11 野村 直輝

栃木 69' MF 14 西谷 優希 → DF 27 久富 良輔
80' MF 5 ヘニキ → MF 6 古波津 辰希
87' MF 37 浜下 瑛 → MF 11 平岡 翼

チームスタッツ

徳島ヴォルティス
  • 合 計

栃木SC

シュート数

8
6
DF 3
ヨルディ バイス
1
MF 7
内田 裕斗
1
MF 8
岩尾 憲
2
MF 13
清武 功暉
2
MF 17
表原 玄太
1
MF 32
小西 雄大
1
MF 14
西谷 優希
1
MF 37
浜下 瑛
1
FW 9
大黒 将志
2
FW 10
西谷 和希
1
FW 19
大島 康樹
1

CK

6
0

直接FK

10
14

間接FK

4
2

PK

1
0

GK

3
8

オフサイド

3
2

ハーフタイムコメント

栃木SC

・冷静に守備をすること
・押し込まれているときのマークを丁寧にすること

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

「先週の試合からこの試合に向けて準備の段階で色々なことがありながら、選手とも色々な話をしながら迎えた試合でしたが、選手は非常に気持ちを出して戦ってくれたと思います。もちろん相手の技術やスピードがあるにしても粘り強く闘おうとしていたし、しっかり中で声を掛け合いながらやれていました。だからこそ、この負けは悔しいです。もちろん攻撃の回数は少なかったですが、しっかりと狙いをもった得点の形から奪ってくれましたし、相手がミスマッチを作るなかでも守備を連携させて守れていたのですが、最後の最後で力尽きたなと思うし、これが現状です。だからこそ今はしっかり前を向いてやるしかないと思っています。選手たちは気持ちを出して戦ってくれた分、それを次の試合に繋げたいと思います」

■田代雅也選手

――あのペナルティキック献上については。

「不運だったと思います。ボールの当たり方も手が横にあったという感じではなかったし、でも審判からみて見え方も良くなかったと思うし、ちょっともってなかったと思います」

――最後に失点を喫し、厳しい敗戦です。

「今季も前半戦の半分が終わって、個人がチームに勢いを与えるプレーや姿勢を出すこと。試合以外にも練習中からもっとそういう努力が必要だと思っています」

■藤原広太朗選手

――最後に3失点目を喫したあと相当に悔しがっていました。

「今日のゲームならば最低限、勝点1は取れたと思うし、みんなもそう感じているので、その悔しさを繋げないといけないと思います。チームのバランスや、やろうとしていることはだいぶできていると感じています。ただ、かといって求めていることはもう少し上にあるし、それは監督もそうだと思います。監督が求めていることを選手が表現しきれていないから、システムだったりを相手に合わせて作戦しないといけない。それは選手の責任だと思います。誰かのせいにしないで切り替えてやることだと思います。今日だってみんな戦っていたと思うし、長崎戦のように不甲斐ない試合ではないと思うので、こういう試合を続けていけばホームでも勝てると思っています。今月の相手は上位が続きますし、一個勝てば上向くと思っています」

■大黒将志選手

――先制点を奪えましたがその後受けに回った印象です。

「先制点が取れたことは良かったですけど、去年はその後全員で守れていただけに、奪ったあとにしっかりパスを繋がないといけない。それだとずっと相手の攻撃になってしまうし、その時間帯に失点しているので、そこで五分五分でもいいから味方につけるとか、前の選手もしっかりと頑張ってキープするなりファウルをもらうなりして時間を作っていくなどしていかないと厳しいと思います。ただ、良くなっている部分もあります。こういう展開で勝ったり負けたり、今日のような展開も全然起こりうると思うから、このなかでみんなで成長しながら次は勝てるようにしたいです。残り試合はまだいっぱいあるので、立て直していけると思うし、そのためにも練習からもっと集中してやらないと、それが試合に出てしまうので。練習のときから僕も言っていきたいし、練習から良くしていかないといけないと思っています」