結果(詳細)

第6節 2019/03/30(土) 14:03〜 栃木グ(4,152人)
曇 主審:西山 貴生 副審:川崎 秋仁 , 大川 直也

HOME

栃木SC

試合終了

0-0

  • 0前半0
  • 0後半0

AWAY

モンテディオ山形

栃木SC

監督田坂 和昭

先発

  • GK

    50

    ユ ヒョン

  • DF

    15

    森下 怜哉

  • DF

    4

    藤原 広太朗

  • DF

    27

    久富 良輔

  • MF

    29

    川田 拳登

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    20

    岩間 雄大

  • MF

    14

    西谷 優希

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    10

    西谷 和希

  • FW

    21

    大﨑 淳矢

控え

  • GK

    23

    川田 修平

  • DF

    30

    田代 雅也

  • MF

    40

    寺田 紳一

  • MF

    11

    平岡 翼

  • MF

    6

    古波津 辰希

  • FW

    8

    廣瀬 浩二

  • FW

    19

    大島 康樹

モンテディオ山形

監督木山 隆之

先発

  • GK

    21

    櫛引 政敏

  • DF

    23

    熊本 雄太

  • DF

    3

    栗山 直樹

  • DF

    19

    松本 怜大

  • MF

    4

    三鬼 海

  • MF

    17

    中村 駿

  • MF

    14

    本田 拓也

  • MF

    6

    山田 拓巳

  • FW

    9

    ジェフェルソン バイアーノ

  • FW

    10

    井出 遥也

  • FW

    27

    坂元 達裕

控え

  • GK

    30

    佐藤 昭大

  • DF

    15

    坂井 達弥

  • DF

    29

    ホドルフォ

  • DF

    36

    柳 貴博

  • MF

    7

    岡﨑 建哉

  • FW

    11

    阪野 豊史

  • FW

    13

    大槻 周平

ゲームイベント

交代

栃木 60' MF 14 西谷 優希 → DF 30 田代 雅也
74' FW 9 大黒 将志 → FW 19 大島 康樹
85' FW 21 大﨑 淳矢 → MF 6 古波津 辰希

山形 54' FW 27 坂元 達裕 → FW 11 阪野 豊史
77' MF 6 山田 拓巳 → DF 36 柳 貴博
84' FW 9 ジェフェルソン バイアーノ → FW 13 大槻 周平

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

モンテディオ山形

シュート数

6
6
DF 27
久富 良輔
1
MF 20
岩間 雄大
1
FW 9
大黒 将志
3
FW 21
大﨑 淳矢
1
DF 3
栗山 直樹
1
DF 36
柳 貴博
1
FW 9
ジェフェルソン バイアーノ
1
FW 10
井出 遥也
2
FW 11
阪野 豊史
1

CK

4
6

直接FK

15
17

間接FK

1
2

PK

0
0

GK

10
9

オフサイド

1
2

ハーフタイムコメント

栃木SC

・ロングボールのセカンドボールの処理を意識すること
・良い距離感で攻撃できているのでもう少しパワーアップしてこう
・後半立ち上がり良い入りをしてこのゲームを自分たちのものしよう!

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

「ホームで試合が終わったあとになかなかサポーターの皆さんと県民の歌を歌えないなと。サポーターの皆さんには申し訳ない気持ちです。ただ、選手たちは苦しい試合の中、よく最後まで戦って勝点1を獲ってくれたと思います。相手のことを考えれば、パワーとスピードがある中で、守備のときはマッチアップして、攻撃のときはどうミスマッチを作りながら崩していくのか。相手は失点数が少ないチームなので、どう崩すのかという作業や努力をする中で、何度かいい形までは行くんですが、決定的なフィニッシュまで行かないので、そこは課題だと思います。ただ、前回の試合も含めて、守備も含めて安定感が出始めているので、それをどう攻撃に繋げていくのか、そこは課題になってくるので、今のメンバーと真摯に向き合ってトレーニングしたいです。連戦になるのでコンディションを含めて次の準備に入りたいと思います」

■ヘニキ選手

「すごく大変な試合でした。試合前から大変な試合になると予想できていましたが、それでも勝点1が奪えたことは良かったと思います」

――今日は監督から「ヘニキがポジショニングをすごくよくとってくれた」と言っています。

「監督がそういうコメントを残してくれたことを嬉しく思うし、今週準備してきたことの成果だと思っています」

■岩間雄大選手

――相手の強力な前線3選手に対する守りについてはどういう共有だったのでしょうか。

「山形の9番、ジェフェルソン バイアーノにシンプルに入れてくるボールが多かったし、相手はそこにどれだけ収めて推進力を出せるか、というポイントがあったと思うので、まずそこでしっかりやらせないことがテーマでしたが、CBを中心にうまく守れていたと思うし、中盤もプレスバックすることはチームとして非常に良くできていたと思います」

――チームとして上積みできている感触はありますか。

「あります。なので、今日は勝ちたかったと思うし、前節より格段に良くなったと思います。今日のような試合で結果を出すことでチームとして自信に繋がる部分があるので、いい試合だったと思いますけど、勝てなかったのは残念でした」

■藤原広太朗選手

――守備の部分について評価を。

「今日は3バック同士でマッチアップしている中で、まずチームとして目の前の相手に走り負けないこと、球際の部分でやられないことを意識するなかで、全員がそれを意識してプレーできていたので、前半はやっていて守備陣としてすごく楽でした」

――より守備の安定感が出た勝点1ですか。

「きついなかで連勝して、ホームでプレーするなかで全員がリラックスして落ち着いてプレーできていたと思うし、勝つことでゲームの入りがどんどん良くなっていくので、この引き分けが無駄にならないように。開幕節はこのあとにやられているので、しっかり気を引き締めないといけないと思います」