結果(詳細)

第4節 2019/03/16(土) 14:03〜 味スタ(3,245人)
曇のち雨 主審:窪田 陽輔 副審:戸田 東吾 , 岩﨑 創一

HOME

東京ヴェルディ

  • 林 陵平 15'
  • 李 栄直 31'

試合終了

2-3

  • 2前半1
  • 0後半2

AWAY

栃木SC

  • 大﨑 淳矢 13'
  • 大島 康樹 77'
  • 西谷 和希 87'

東京ヴェルディ

監督ギャリー ジョン ホワイト

先発

  • GK

    21

    上福元 直人

  • DF

    23

    田村 直也

  • DF

    3

    近藤 直也

  • DF

    5

    平 智広

  • DF

    24

    奈良輪 雄太

  • MF

    17

    李 栄直

  • MF

    38

    梶川 諒太

  • MF

    19

    小池 純輝

  • MF

    9

    佐藤 優平

  • FW

    11

    林 陵平

  • FW

    18

    端戸 仁

控え

  • GK

    26

    鈴木 智幸

  • DF

    22

    永田 拓也

  • MF

    4

    藤本 寛也

  • MF

    8

    内田 達也

  • MF

    16

    森田 晃樹

  • MF

    20

    山本 理仁

  • MF

    33

    河野 広貴

栃木SC

監督田坂 和昭

先発

  • GK

    50

    ユ ヒョン

  • DF

    15

    森下 怜哉

  • DF

    4

    藤原 広太朗

  • DF

    28

    温井 駿斗

  • MF

    29

    川田 拳登

  • MF

    40

    寺田 紳一

  • MF

    20

    岩間 雄大

  • MF

    14

    西谷 優希

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    10

    西谷 和希

  • FW

    21

    大﨑 淳矢

控え

  • GK

    23

    川田 修平

  • DF

    30

    田代 雅也

  • DF

    27

    久富 良輔

  • MF

    8

    廣瀬 浩二

  • MF

    6

    古波津 辰希

  • MF

    5

    ヘニキ

  • FW

    19

    大島 康樹

ゲームイベント

交代

東京V 79' MF 38 梶川 諒太 → MF 8 内田 達也
79' MF 19 小池 純輝 → MF 4 藤本 寛也
84' FW 18 端戸 仁 → MF 33 河野 広貴

栃木 72' MF 14 西谷 優希 → FW 19 大島 康樹
72' DF 28 温井 駿斗 → DF 27 久富 良輔
89' MF 40 寺田 紳一 → MF 5 ヘニキ

イエローカード

東京V 89' 17 李 栄直

チームスタッツ

東京ヴェルディ
  • 合 計

栃木SC

シュート数

15
6
DF 5
平 智広
1
MF 9
佐藤 優平
4
MF 17
李 栄直
2
MF 19
小池 純輝
2
MF 38
梶川 諒太
1
FW 11
林 陵平
3
FW 18
端戸 仁
2
MF 40
寺田 紳一
1
FW 9
大黒 将志
1
FW 10
西谷 和希
1
FW 19
大島 康樹
1
FW 21
大﨑 淳矢
2

CK

8
4

直接FK

10
7

間接FK

2
7

PK

0
0

GK

4
14

オフサイド

1
5

ハーフタイムコメント

栃木SC

・クロス対応は早めに準備をすること
・攻撃は逆サイドを見ていこう
・一つ返せば流れは変わる。辛抱強く戦おう。

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

「まず初めにサポーターの皆さんに長らく今季の勝利をお届けできなかったこと、またクラブに関わるスタッフやスポンサーの皆さんを非常にやきもきした気持ちにさせてしまっていたので、勝ててよかったです。選手たちは本当に良く頑張ってくれたし、アウェイで勝点3が取れたことを選手たちに感謝したいです。またクラブに関わる皆さんにお礼を言いたいなと思います。試合展開はなかなか我々のリズムができず、一発でゴールは奪えたんですが、失点の仕方がよくなく、選手たちが頭が下がるような感じになってしまったと思います。ハーフタイムに少し選手間でも話はしていたし、修正をどうしようか、という話しをした中で後半に入っていきましたがよく粘り強く戦ってくれました。この3試合、なかなか点も取れず、勝てていなかったので、今週はシステムを変えるトレーニングもしていました。どこのタイミングでシステムを変えようかと思っていたところで、2枚替えするときにシステムを変えて、替わって入った選手たちも役割を果たしてくれました。非常にいい形でゴールが奪えましたし、守備のところでもシステムを変えましたが、やり方は変えずにやってくれていたので、みんなが機能したのかなと思います。まだシーズンは始まったばかりで、我々には足りないものばかりだし、修正しないといけないところが多いのですが、今日は試合前のミーティングで結果に拘らないといけないよ、そういう試合はリーグ戦でもサッカー人生の中でもあるぞ、と伝えていました。そういう意味でも今日は選手たちが最後まで諦めずに食らいついて勝点を取ってくれたんじゃないかと思っています。来週に向けての課題を見つめて、次の山口戦に向けて準備をしたいと思います」

■大島康樹選手

――ゴールは得意の形でした。

「今日もクロスからでしたね。去年もたくさん決めたゴールの形だし、嬉しいです」

――交代は2枚替えで、システムも4バックに変えました。大島選手の役割は?

「細かいことよりも、1-2で負けていたので、とにかく点を獲ってこい、といわれていましたし、アグレッシブにチームを活性化させることを意識しました。ドミ君(久富)とも『やってやろうぜ』と話していましたし、まさか逆転まで行くとは思っていなかったですけど、逆転で勝てて本当に嬉しいです」

■西谷和希選手

――3点目の逆転のゴールを振り返ってくれますか?

「あそこでペナルティエリア内に入れたので、シュートしか考えていなかったです。狙い通りのコースに決めることができました」

――初勝利に結びついた逆転ゴールの味は。 

 「チームのみんなが頑張った結果だと思います。2失点しましたけど、みんなよく守っていたし、相手は強かったし、うまくいかないことも多かったですけど、それでもやろうとしたことが今日の収穫だと思います」

■大﨑淳矢選手

――まず初ゴール、おめでとうございます。

「ありがとうございます」

――初ゴールを振り返ってください。 

 「前節の横浜FC戦でオグリさんへのボールが抜けてビッグチャンスになったシーンも、オグリさんの背後にこぼれてきたボールだったので、同じイメージでした。オグリさんと前で組んでいるときに意識しているのは、オグリさんが背後へ抜けたときに一緒に付いていくことです。そうすると結構こぼれてきてチャンスになることが練習でもあるんです。オグリさんが孤立して一人で動き出さないように一緒に付いていくことを狙っていたら、あのゴールもいいところに転がってきた、という感じでした」

■久富良輔選手

――低いドンピシャのクロスボールでした。

「(大島)康樹へのコースがはっきり見えたので、ダイレクトで入れようと。康樹がうまく決めてくれました」

――交代で入った二人でゴールを奪いました。こんなに素晴らしい展開はありません。

「交代で入った選手たちがチームを勢いづけることはチームで大事にしていることなので、康樹とも二人で出る前から『絶対にやってやろうぜ!』と声を掛け合っていたので、それが結果に繋がって本当によかったです」