結果(詳細)

第3節 2019/03/10(日) 14:03〜 栃木グ(4,829人)
曇 主審:山本 雄大 副審:桜井 大介 , 金次 雄之介

HOME

栃木SC

試合終了

0-1

  • 0前半0
  • 0後半1

AWAY

横浜FC

  • 戸島 章 90+3'

栃木SC

監督田坂 和昭

先発

  • GK

    50

    ユ ヒョン

  • DF

    15

    森下 怜哉

  • DF

    4

    藤原 広太朗

  • DF

    28

    温井 駿斗

  • MF

    29

    川田 拳登

  • MF

    40

    寺田 紳一

  • MF

    20

    岩間 雄大

  • MF

    14

    西谷 優希

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    10

    西谷 和希

  • FW

    21

    大﨑 淳矢

控え

  • GK

    23

    川田 修平

  • DF

    30

    田代 雅也

  • DF

    27

    久富 良輔

  • MF

    11

    平岡 翼

  • MF

    6

    古波津 辰希

  • MF

    5

    ヘニキ

  • FW

    19

    大島 康樹

横浜FC

監督タヴァレス

先発

  • GK

    18

    南 雄太

  • DF

    14

    北爪 健吾

  • DF

    33

    川﨑 裕大

  • DF

    20

    カルフィン ヨン ア ピン

  • DF

    17

    武田 英二郎

  • DF

    5

    田代 真一

  • MF

    40

    レアンドロ ドミンゲス

  • MF

    8

    佐藤 謙介

  • MF

    7

    松浦 拓弥

  • MF

    24

    渡邊 一仁

  • FW

    10

    イバ

控え

  • GK

    21

    竹重 安希彦

  • DF

    2

    藤井 悠太

  • MF

    22

    松井 大輔

  • MF

    28

    安永 玲央

  • FW

    13

    瀬沼 優司

  • FW

    23

    斉藤 光毅

  • FW

    9

    戸島 章

ゲームイベント

交代

栃木 26' MF 20 岩間 雄大 → MF 6 古波津 辰希
75' MF 14 西谷 優希 → DF 27 久富 良輔
87' FW 21 大﨑 淳矢 → MF 5 ヘニキ

横浜FC 69' FW 10 イバ → FW 9 戸島 章
71' MF 7 松浦 拓弥 → FW 23 斉藤 光毅
73' DF 17 武田 英二郎 → MF 28 安永 玲央

イエローカード

栃木 16' 21 大﨑 淳矢
49' 14 西谷 優希
74' 10 西谷 和希

横浜FC 44' 24 渡邊 一仁

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

横浜FC

シュート数

9
17
DF 15
森下 怜哉
1
DF 28
温井 駿斗
1
FW 9
大黒 将志
2
FW 10
西谷 和希
3
FW 21
大﨑 淳矢
2
DF 5
田代 真一
1
DF 14
北爪 健吾
1
DF 20
カルフィン ヨン ア ピン
1
MF 7
松浦 拓弥
1
MF 8
佐藤 謙介
4
MF 40
レアンドロ ドミンゲス
2
FW 9
戸島 章
2
FW 10
イバ
3
FW 23
斉藤 光毅
2

CK

6
9

直接FK

16
13

間接FK

2
3

PK

0
0

GK

9
4

オフサイド

2
3

ハーフタイムコメント

栃木SC

・粘り強く守備できているので継続すること
・良い距離感で攻撃できている、回数を増やしていこう
・前半良いゲームができている、後半も良い準備をして入ること

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■田坂和昭監督

「率直な感想として悔しいです。前回の試合から比べると我々がやろうとするサッカーを粘り強くできていたし、意図的な崩しを何度か見せられていた分、最後のアディショナルタイムにやられてしまったと。サポーターの皆さんもやきもきしていると思うし、その気持ちを考えると悔しい思いがあります。前節から攻撃では距離感をトレーニングで改善するなかで迎えて、今日は押し込まれる時間帯はありましたが、その中で前半も後半もいい形を作っているときにはトレーニングしたものが出ていました。守備では相手の個の強さはあったんですが、組織的に良く守れていたと思います。ただ、最後のところでやられてしまったと。これがサッカーだなと思います。言い換えれば、そんなに甘くないなと。それを改めて実感しています。今が辛抱のとき、踏ん張り時かなと思います。今日出た課題をトレーニングで改善して次の準備をしたいと思います」

■大﨑淳矢選手

――前線の距離感は改善できていたという感覚はありますか?

「攻撃でいい形になっているときはお互いの距離感がいいときなので、徐々に改善はされていると思います。ただ、得点に結びついていないし、得点を取らないと勝てないので、そこは詰めないといけないと思います」

――結果に結びつかない要因は。 

 「一概には言えないですけど、いろんな要素があるし、シュートは入るときは入るし、入らないときは入らないので、続けてやっていくことが大事だと思います。ただ、今までチャンスを作れていなかった分、今日はチャンスを数多く作れたというのは収穫だし、悪いところだけ切り取ってみても仕方がない。顔を上げて前を向いてやっていくしかないです」

■寺田紳一選手

――最後を押し込むところで足りないものは。

「ゴール前は一番難しいところだし、楽しい部分でもあるし、何回かいいチャンスがあるなかで、最後のパス精度を上げることはもう練習で感覚を掴むしかないんです。ゴール前は感覚が大事で、練習をしているときにふと掴めるものなんです。そこを意識しながら練習するしかないです。あとはこれだけシュートを打ったなかでゼロなので、単純に言えばもっとチャンスの数を増やすことしかないと思います」