2017.07.03

ホームタウン

「栃木SC元気いきいき健康教室」を開催しました!

6月29日(木)宇都宮市スケートセンターにて、宇都宮市からの受託事業である介護予防事業「栃木SC元気いきいき健康教室」を実施致しました。この教室は宇都宮市内在住の65歳以上の軽い運動のできる方々を対象に、サッカーを通して高齢者の健康の維持増進を図り、要介護状態になることを予防することを目的としています。今回は30名近くの高齢者の方々にご参加いただきました。
トップチームから新田涼フィジカルコーチ、広瀬健太選手、杉本真選手、上形洋介選手、福岡将太選手、服部康平選手、川田修平選手、安藤由翔選手が参加しました。

この健康教室は前半と後半の2部構成となっており、新田フィジカルコーチが進行を務めました。第1部の「ボールを使わない運動」では、簡単なゲームをしながら自己紹介をしたあとに、マットを使い入念にストレッチ運動を行いました。ストレッチ中、新田コーチは効果や意識してほしいことを参加者に伝えながら行っていました。

参加者の方にストレッチを教わる上形選手

カメラに気付きカメラ目線の福岡選手でしたが、しっかりと参加者の皆さんと運動を行っていました。安藤選手もっとリラックス!!

休憩をはさんで、第2部では「ボールを使った運動」を行いました。じゃんけんをしながらのドリブルや基本的なパス交換などを行いました。

最後はチーム対抗戦。3チームに分かれて、10個以上のボールをドリブルするという競争を行いました。どのチームも一生懸命で楽しそうでした。

今後も栃木SCはサッカーを通じて、Jリーグの理念のもと、スポーツの振興はもちろんのこと、高齢者の皆様の健康維持・増進の支援にも積極的に取り組んでまいります。多くの方のご参加をお待ちしております。