2016.11.04

試合情報

▼プレビュー 2016明治安田生命J3リーグ 第28節「ガイナーレ鳥取 vs 栃木SC」

前節はホームでカターレ富山との対戦。試合は前半の早い時間帯に動いた。10分、左サイドからのクロスを西谷選手が折り返し、最後は廣瀬浩二選手が押し込み先制ゴールを奪う。その後も追加点を狙う栃木は、相手ゴールに攻めこむ場面などもあるがなかなか奪えず。そして後半終了間際、フリーキックのチャンスから宮崎選手が直接ゴールを決め試合は2-0で後半へ。
なんとしてでも勝って首位をキープしたい栃木と、負けられない富山が、後半も攻守共に激しいプレーをみせる。そんななか、相手の攻撃に対しても栃木はDF陣を中心に冷静性に対応し、ゴールを割らせず、そのまま試合終了のホイッスル。ホームで大勢のサポーターがスタジアムにかけつけたなかで、勝利の県民の歌がスタジアムに響き渡った。

「今シーズンの中でも良いゲームだったと思う。攻撃回数も多かったし、前から奪える回数も多かったので、そういう意味で良いゲームが出来たかなと思います。」と富山戦について指揮官はこう振り返った。

残り3試合、残りの試合が少なくなってくるにつれ優勝争いが佳境に入ってきたが、そのなかで栃木SCに油断たるものは一切感じられない。むしろ日が経つごとに、トレーニングから更に球際の激しさやぶつかり合う選手達の姿があるようにも感じられる。残り3試合、時間にすると約270分を全力で戦うために何をすべきか、そのことを考えてトレーニングに励んでいる。それはチームを支えるスタッフも同じで、いつも汗を流しながら走り回っている姿がある。

そんななか迎える今節は、アウェイでガイナーレ鳥取と対戦。得点力のあるフェルナンジーニョ選手を中心に、前節はガンバ大阪U-23に2-1と勝利を収めている。現在首位の栃木は、勝点3を掴んで来週のホーム最終戦へ臨みたい。そのために、まずは目の前の90分を全力で戦いぬこう。

【AWAY GAME】
2016明治安田生命J3リーグ 第28節
「ガイナーレ鳥取 vs 栃木SC」
2016年11月5日(土)13:00キックオフ
(会場:とりぎんバードスタジアム)

◇試合情報などにつきましては、
 こちらよりご確認下さい⇒http://www.tochigisc.jp/news/article/00008011.html