2011.03.06

試合情報

【TKCスペシャルマッチ:2011J2第1節ザスパ草津戦】試合後の監督・選手コメント

●松田浩監督:
「開幕ということ、しかもホームのダービーだったので勝利することが一番大事だった。それが達成できて良かった。最後の失点は余計だと思うが、次に気持ちを引き締めるための材料に使えばいい。前半から我慢をしながら、自分たちのサッカーをしつつ相手をコントロールした試合ができたと思う。せっかく開幕戦を勝利できたので次につなげたいと思う。
(前半耐えきれた要因は?)硬いゲームになったがその中でも得点チャンスを覗うことができた。基本的には自分たちのサッカーを展開できたが、得点することはそれほど簡単ではないと選手にも伝えていた。開幕戦の前半はこんなものだと我慢しながらゲームを進めることができた。割り切りながら平常心で戦えたことは良かったと思う。そこで決定機をものにするかしないかでサッカーの試合は決まる。今日はものにできたし、とても良かったと思う。先日の浦和戦も開幕戦のような予行練習になったことも大きかった。
(メンタル面はどうだったか?)非常に良かったと思う。平常心でやれていたと思う。開幕戦でもし過緊張になるなら覚ます、最適な水準に持っていくことも重要だが、今日の試合にどう入り込んでいけるか、それを各自やってくれと伝えたが、選手たちはきちっとやってくれたと思う。最終的には自分たちを信じてやることに専念すればいいと考えていたが、私より彼らの方が冷静だったと思えるほどよくやってくれた。それにダービーに勝てたことは非常に意味がある。私たちを支えてくれている方々の一番嬉しいことを実現できた。長いシーズンで開幕戦を勝利したことは大きな意味があるが、次の試合の勝利を保証してくれるものではない。勝つに越したことはないが、今日の勝利は今日で忘れてまた次戦に臨みたいと思う。」

●DF西澤代志也選手:
「古巣相手の試合だったので、勝てて良かった。試合前は不思議な感覚もあったが、始まる時には集中して臨めたと思う。熊林選手が球の出どころだというのは十分分かっていたので、危ないシーンもあったが宏太(水沼選手)や河さん(河原選手)と協力しながら防げていたと思う。ただ、セットプレーからの失点は余計だったと思うので、その部分はこれからの修正していきたい。始まったばかりだが、シーズンが終わった時にJ1昇格という結果が出ていれば良いと思う。」

●MF鈴木修人選手:
「我慢して、耐えて耐えて2点取れて、開幕戦に勝てたのは良かった。勝ち切れたということは次につながると思う。個人的にはもう少しボールに絡んでサイドに散らすことができれば良かったが、どちらかと言うと今日はバランスをとるプレーを意識していた。失点の場面は、それまで1・2度オフサイドを取れていたこともあって、オフサイドに頼り過ぎていた部分があったかもしれない。オフサイドだったとは思うが、みんなプレーが止まってしまっていたし、最後までやり切ることが必要だと思う。」

●MF河原和寿選手:
高木選手の負傷で急遽の出場という形ではあったが、準備はできていた。今日はプレシーズンマッチ同様、開幕戦にふさわしい、サポーターが良い雰囲気を作ってくれていたと思う。もう少し自分の持ち味を出したかったが、何より勝てたことが良かった。自分にボールが入った時の周りとの連携が合わなかった部分や、強引にシュートにいってもいい場面でパスを選んでしまった部分などは次への課題だと思う。ただ、ボールを引き出す動きなどは良くなってきていると思うので、もっと良くしていきたい。」

●DF渡部博文選手:
「開幕戦初先発で勝利という結果が出て良かった。ただ、ボールを取った後にしっかりつなぐなど、課題も見えた試合だった。失点の場面は審判のせいだけにはできない。最後までやり切ることが大切だと思う。ディフェンス面では、萬代選手は常に裏を狙っているし熊林選手からいいボールが出てくることも分かっていたので、裏だけはやられないように注意していた。うちは基本ゾーンで守っていても、局面は1対1だと思うのでそこはやられないようにしたいと思っている。そういう意味で、ラフィーニャ選手に自由にプレーさせてなかった点は良かった。セットプレーはゴールを狙っていた。トレーニングの時からいろいろな形を練習しているので、これからも得点を意識していきたい。」

以上