結果(詳細)

第28節 2018/08/11(土) 19:03〜 デンカS(15,103人)
晴 主審:鶴岡 将樹 副審:竹田 和雄 , 眞鍋 久大

HOME

アルビレックス新潟

試合終了

0-3

  • 0前半1
  • 0後半2

AWAY

栃木SC

  • パウロン 24'
  • 浜下 瑛 48'
  • 大黒 将志 81'

アルビレックス新潟

監督片渕 浩一郎

先発

  • GK

    1

    大谷 幸輝

  • DF

    3

    安田 理大

  • DF

    2

    広瀬 健太

  • DF

    4

    ソン ジュフン

  • DF

    29

    渡邊 泰基

  • MF

    34

    原 輝綺

  • MF

    40

    小川 佳純

  • MF

    26

    戸嶋 祥郎

  • MF

    9

    河田 篤秀

  • FW

    11

    ターレス

  • FW

    14

    田中 達也

控え

  • GK

    30

    田口 潤人

  • DF

    44

    大武 峻

  • MF

    10

    加藤 大

  • MF

    13

    梶山 陽平

  • MF

    18

    渡邊 凌磨

  • FW

    16

    渡邉 新太

  • FW

    19

    矢野 貴章

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    1

    竹重 安希彦

  • DF

    42

    パウロン

  • DF

    19

    服部 康平

  • DF

    17

    福岡 将太

  • MF

    29

    川田 拳登

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    26

    夛田 凌輔

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    14

    西谷 和希

  • FW

    37

    浜下 瑛

控え

  • GK

    33

    石川 慧

  • DF

    3

    西河 翔吾

  • MF

    2

    西澤 代志也

  • MF

    50

    二川 孝広

  • MF

    41

    西谷 優希

  • FW

    16

    榊 翔太

  • FW

    13

    上形 洋介

ゲームイベント

交代

新潟 54' MF 40 小川 佳純 → MF 13 梶山 陽平
54' FW 14 田中 達也 → FW 16 渡邉 新太
74' MF 9 河田 篤秀 → FW 19 矢野 貴章

栃木 70' FW 14 西谷 和希 → MF 41 西谷 優希
81' MF 11 岡﨑 建哉 → MF 2 西澤 代志也
89' FW 9 大黒 将志 → FW 13 上形 洋介

イエローカード

新潟 56' 2 広瀬 健太

チームスタッツ

アルビレックス新潟
  • 合 計

栃木SC

シュート数

9
10
DF 2
広瀬 健太
1
DF 3
安田 理大
2
DF 4
ソン ジュフン
1
MF 9
河田 篤秀
1
FW 14
田中 達也
1
FW 16
渡邉 新太
1
FW 19
矢野 貴章
2
DF 42
パウロン
3
MF 41
西谷 優希
1
FW 9
大黒 将志
4
FW 14
西谷 和希
1
FW 37
浜下 瑛
1

CK

9
5

直接FK

7
13

間接FK

1
3

PK

1
1

GK

7
7

オフサイド

1
3

ハーフタイムコメント

栃木SC

・全員でハードワークを続けること
・勝ち切ろう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「アウェイの地でしたが栃木からもたくさんのサポーターに来ていただきました。また、いいスタジアムのいいピッチでゲームができました。栃木SCのサポーターに勝点3を取るところを見せたかったのですが、その目標を達成できたことをうれしく思っているのと同時にサポーターに感謝しています。今日のゲームについては厳しいハードなゲームが予想できましたが、そのとおりのハードなゲームでした。ただ、栃木はここ何試合かハードなゲームをこなすなかで勝点が拾えていましたので、今日に関してもそういうゲームだったと思います。ただ、当たり前ですが、今日はピンチもたくさん作られましたし、今日のゲームをしっかり分析して、その反省を次に繋げることが大事だと思います。次は福岡さんという強い相手と今度はホームで戦えますので、しっかりした戦いができるように準備をしたいと思います」

■浜下瑛選手

――喉から手が出るほどほしかったプロ初ゴールです。

「気持ちいいですね。この気持ちをまた味わいたいと思いますし、またゴールを決めたいと思いますね」

――あの2点目のプレーは右サイドからドリブルで仕掛けてから、最終的にゴール前でこぼれ球を拾いました。

「前半はボールを持てなかった分、後半はボールを持てるだろうという共有が自分たちの中にあって、そこでああいう3トップのコンビネーションが出せたことは収穫だと思います。ああやって落ち着いてプレーできればゴールが獲れる、ということを証明できたと思います」

■川田拳登選手

――先制ゴールはショートコーナーキックからのクロスでした。

「そうですね。やってみないとわからないところがあったんですが、試合の1本目のコーナーキックのときにコーナーキック付近に自分が寄って行っても相手が全然寄ってこなかったので、これはいけるな、と思っていました。あの先制ゴールのときは正直ボールが来るとは思ってなかったのですが、(岡﨑)建哉君がパスを出してくれて、結果的にパウロンが決めてくれたので良かったと思います」

――粘りの守備から2点、3点と点差をつけて勝ったことは自信になりますね。

「個人としても自信になるし、7戦負けなしということでチームも乗っています。タケさん(竹重)のPKストップもチームが乗っているからこそだと思います。攻撃面でも2試合連続で3点以上取れたことは大きいです。次節も3点以上を目指して、自分もアシストを目指してやっていきます」