結果(詳細)

第12節 2018/05/03(木) 14:03〜 栃木グ(4,643人)
曇 主審:佐藤 誠和 副審:馬場 規 , 塚田 健太

HOME

栃木SC

  • 西谷 和希 10'
  • 服部 康平 50'
  • 牛之濵 拓 90+3'

試合終了

3-1

  • 1前半0
  • 2後半1

AWAY

京都サンガF.C.

  • レンゾ ロペス 74'

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    15

    ジョニー レオーニ

  • DF

    3

    西河 翔吾

  • DF

    19

    服部 康平

  • DF

    30

    田代 雅也

  • MF

    27

    久富 良輔

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    14

    西谷 和希

  • MF

    28

    温井 駿斗

  • FW

    25

    ネイツ ペチュニク

  • FW

    16

    榊 翔太

控え

  • GK

    1

    竹重 安希彦

  • DF

    7

    菅 和範

  • MF

    2

    西澤 代志也

  • MF

    37

    浜下 瑛

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • MF

    29

    川田 拳登

  • FW

    8

    廣瀬 浩二

京都サンガF.C.

監督布部 陽功

先発

  • GK

    21

    清水 圭介

  • DF

    2

    磐瀬 剛

  • DF

    17

    牟田 雄祐

  • DF

    24

    増川 隆洋

  • DF

    26

    下畠 翔吾

  • DF

    30

    石櫃 洋祐

  • MF

    8

    重廣 卓也

  • MF

    22

    小屋松 知哉

  • FW

    10

    エスクデロ 競飛王

  • FW

    13

    岩崎 悠人

  • FW

    9

    レンゾ ロペス

控え

  • GK

    34

    若原 智哉

  • DF

    4

    田中 マルクス闘莉王

  • DF

    6

    本多 勇喜

  • MF

    7

    田村 亮介

  • MF

    11

    湯澤 洋介

  • MF

    14

    仙頭 啓矢

  • MF

    18

    望月 嶺臣

ゲームイベント

交代

栃木 56' FW 16 榊 翔太 → MF 21 牛之濵 拓
69' MF 27 久富 良輔 → MF 29 川田 拳登
79' MF 28 温井 駿斗 → MF 2 西澤 代志也

京都 46*' DF 2 磐瀬 剛 → MF 14 仙頭 啓矢
57' DF 26 下畠 翔吾 → MF 11 湯澤 洋介
70' DF 17 牟田 雄祐 → DF 4 田中 マルクス闘莉王

イエローカード

栃木 51' 25 ネイツ ペチュニク

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

京都サンガF.C.

シュート数

8
10
DF 19
服部 康平
3
DF 30
田代 雅也
1
MF 14
西谷 和希
1
MF 21
牛之濵 拓
1
FW 16
榊 翔太
1
FW 25
ネイツ ペチュニク
1
DF 4
田中 マルクス闘莉王
1
MF 14
仙頭 啓矢
1
MF 22
小屋松 知哉
1
FW 9
レンゾ ロペス
3
FW 10
エスクデロ 競飛王
2
FW 13
岩崎 悠人
2

CK

3
2

直接FK

15
17

間接FK

3
4

PK

0
0

GK

15
2

オフサイド

3
4

ハーフタイムコメント

栃木SC

・ボールに対してコンパクトに、まとまって戦おう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「ゴールデンウィークの連戦の二戦目をホームで迎える試合でしたが、本当に多くの栃木のサポーターに来ていただきました。ゴールデンウィークなので子どもたちも多かったと思います。そのなかで勝点3をしっかりとれたことは良かったと思います。と同時に応援してくださったサポーターの方々に感謝したいと思います。いつもそうなんですが、内容で見ると全部が良かったわけではないし、厳しい戦いでした。ただ、今日は局面のバトル、1対1の勝ち負けにこだわってやってくれ、という伝えたゲームでしたが、選手たちの意地が見えた試合だったと思います。そういう部分がチームの勝敗に繋がったと思っています。ただ、これですべてがいいとか、順位がどうとか、今の栃木SCには余裕はないので、中2日で愛媛のアウェイ戦がありますので、中2日でしっかりリカバーをして、愛媛の地でしっかりと勝点が掴めるように準備したいと思います」

――相手が闘莉王選手を70分に入れてきたあとの時間帯はこのゲームのポイントだったと思います。2-2に追いつかれてもおかしくないシーンもありましたが、最後突き放して3-1にした結果についてはどう捉えていますか。

「今日も細かい部分での課題はあったと思います。ただ、その課題があったうえで結果はどうなったのか。GKのセーブも含めてですが、まさにしっかりと全員で粘り強く守れていました。このプレーが悪かった、という部分は映像を見れば出てくると思いますが、それでもみんなで凌いだ、という精神的な部分を今日は大事にしたいと思っています。すぐに中2日で試合があるので、今日できたことを大事にして次に進みたいと思います」

■温井駿斗選手

「久しぶりのスタメンだったので、しっかりとチームに溶け込むことを考えていました。今日は自分の長所であるクロスボールの質を出しつつ、チームの状況がいいので、いかに失点しないか、守備でも貢献が求められていたなかで考えながらやりました」

――ロングスローから貴重な追加点を演出しました。

「前日練習でロングスローを二回投げたときに結構飛距離が出ていたんです。だから(服部)康平君と話をしながらすり合わせをして、あそこに投げればチャンスになると思っていたんです」

――前半、服部選手に合わせたクロスもありました。 「あのクロスはイメージどおりで、完璧でした。次もまたああいうボールを上げて、今度こそ決めてもらおうと思います」

■服部康平選手

――クロス対応がタイトでした。

「相手は前線に強力な武器を持つチームだったので、そこを抑えられるかどうかがこの試合のカギだと思っていました。しっかり強くいこう話をして入りました。失点した場面は自分が闘莉王選手と競り合うなかでクリアを遠くに飛ばすことができず、こぼれ球をレンゾロペス選手に拾われて決められました。それでも、最後に牛之濵選手が決めてくれたので、あのゴールで相手の心を折ることができたと思います」

――またロングスローからゴールを決めました。挟んでいた相手は190㎝台の二人でしたが、それでも決めました。 「前日の練習で温井選手のロングスローが飛ぶとわかっていたので、あえてちょっと違う形でやってみたんです。練習でもあの形からゴールを決めていたんですが、今日はその練習通りのボールが来たので流し込むだけでした」

■西谷和希選手

――先制ゴールはいい形でしたね。

「そうですね。狙い通りというか、ああいう形でゴールできたらいいなと思っていたんですが、あのシーンは榊がいいボールを落としてくれたので、蹴り込むだけでした。榊に感謝しています」

――今日は苦しい試合ながら、トータルで今季最多の3ゴールでした。

「チームが成長してきたことを実感した試合です。苦しいなかで連続失点せずに、さらに終盤で突き放せるのは強いチームになってきた証拠だと思います。勝負強くなってきたと思います」