結果(詳細)

第11節 2018/04/28(土) 14:03〜 NDスタ(8,046人)
晴 主審:清水 勇人 副審:佐藤 貴之 , 高寺 恒如

HOME

モンテディオ山形

試合終了

0-1

  • 0前半0
  • 0後半1

AWAY

栃木SC

  • 牛之濵 拓 83'

モンテディオ山形

監督木山 隆之

先発

  • GK

    1

    児玉 剛

  • DF

    15

    加賀 健一

  • DF

    3

    栗山 直樹

  • DF

    23

    熊本 雄太

  • MF

    4

    三鬼 海

  • MF

    17

    中村 駿

  • MF

    14

    本田 拓也

  • MF

    27

    北川 柊斗

  • FW

    11

    阪野 豊史

  • FW

    18

    南 秀仁

  • FW

    39

    中山 仁斗

控え

  • GK

    21

    櫛引 政敏

  • DF

    6

    山田 拓巳

  • DF

    35

    坂井 達弥

  • MF

    8

    アルヴァロ ロドリゲス

  • MF

    16

    小林 成豪

  • MF

    20

    安西 海斗

  • FW

    10

    瀬沼 優司

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    15

    ジョニー レオーニ

  • DF

    3

    西河 翔吾

  • DF

    19

    服部 康平

  • DF

    30

    田代 雅也

  • MF

    27

    久富 良輔

  • MF

    2

    西澤 代志也

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    14

    西谷 和希

  • MF

    26

    夛田 凌輔

  • FW

    25

    ネイツ ペチュニク

  • FW

    9

    大黒 将志

控え

  • GK

    1

    竹重 安希彦

  • DF

    28

    温井 駿斗

  • MF

    24

    和田 達也

  • MF

    37

    浜下 瑛

  • MF

    29

    川田 拳登

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • FW

    16

    榊 翔太

ゲームイベント

交代

山形 59' MF 17 中村 駿 → MF 20 安西 海斗
71' FW 39 中山 仁斗 → MF 16 小林 成豪
85' MF 14 本田 拓也 → FW 10 瀬沼 優司

栃木 46*' MF 2 西澤 代志也 → MF 24 和田 達也
63' MF 27 久富 良輔 → MF 21 牛之濵 拓
89' MF 21 牛之濵 拓 → MF 37 浜下 瑛

イエローカード

山形 74' 11 阪野 豊史

栃木 6' 2 西澤 代志也
90+2' 9 大黒 将志

レッドカード

山形 ***' 18 南 秀仁

チームスタッツ

モンテディオ山形
  • 合 計

栃木SC

シュート数

5
3
DF 3
栗山 直樹
2
MF 27
北川 柊斗
1
FW 39
中山 仁斗
1
FW 11
阪野 豊史
1
MF 21
牛之濵 拓
1
FW 9
大黒 将志
1
FW 25
ネイツ ペチュニク
1

CK

7
5

直接FK

17
17

間接FK

2
1

PK

0
0

GK

8
10

オフサイド

2
1

ハーフタイムコメント

栃木SC

・局面のバトルで負けないこと
・残り45分全員で全力を出し切ろう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「ゴールデンウィークの連戦、その初戦をアウェイの山形で迎えましたが、栃木からも多くのサポーターに来ていただき、大きな声援をいただきました。ゲーム内容的には色々と課題はありますが、まず勝点3が奪えたことをうれしく思うと同時に、サポーターの皆さんに感謝したいと思います。すぐにまた木曜日にホームで試合がありますので、次に向けてしっかりと準備をしたいと思います」

――前半はかなり苦しめられたと思いますが、要因はどう捉えましたか。

「戦術的にもミスマッチの部分をうまく山形さんに使われたところがありました。ただ、そのなかでも栃木が大事にしている、最後をやられない、ということを体現してくれていたし、GKジョニーの好セーブもあってのことですが、しっかりと無失点で進めてくれたことが最後の勝ちに繋がったと思います。ただ、一方で局面で相手にやられてしまう場面も、特に前半は多かったと思います。幸い今日は勝てましたので、勝ちながら修正していくことが今の栃木には大事だと思っています。しっかり課題を分析して選手たちと修正しながら進んでいきたいと思います」

■牛之濱拓選手

――見事な決勝ゴールでした。

「クロスボールが上がった瞬間、前の服部君がボールに触るイメージがあったので、ボールが来ると信じて、一か八かで飛び込みました。イメージ通りのボールが来たので落ち着いてゴールマウスに流し込んだ、という感じです」

――J2では初ゴールですか? 「2点目です。福岡在籍時の2013年以来です。実は福岡でのプロ1年目のときに決めたプロ初ゴールが実はこのNDソフトスタジアムなんです。そのいいイメージがあったので、そういうポジティブなイメージで試合に入ることもできました」

■西澤代志也選手

――今季初スタメンでしたが自分の役割をどう理解してピッチに入ったんですか。

「まず今のシステム上、中盤の3枚がハードワークすることは絶対だったんで、自分のそのイメージをしっかりピッチに落とし込むこと、あとは守備をしっかりやろうと」

――開幕戦でサブメンバーに入って以降、ケガをして戻ってくるまで時間がかかりました。こうしてまたピッチを踏んだことはどう捉えていますか。

「最後にJ2のピッチを踏んだのはいつだろう、と試合前に考えていたんです。アウェイの札幌(2015年最終節)だったと思います。それ以来だと考えると、自分もようやくJ2のピッチに戻ってきたんだと思えてきて、いいモチベーションになりました。ただ、今日はチームとしてよかったですけど、個人としては残念です。もっと長くグラウンドでサッカーがしたかったです。ただ、試合に出られたことは前進なので、今後に繋げたいと思います」

■ジョニー レオーニ選手

――前半、好セーブでピンチを凌ぎました。

「前半の2回のセービングはチームにとって大事なセーブだったと思います。あそこで1失点、2失点としていれば、まったく違うゲームになっていたと思います。今日もそうですが、毎試合、難しさを感じています。というのは、毎試合ピンチはそんなにないんです。一試合で1回か2回訪れる大ピンチに最大限の集中を払わないといけない。そういうゲームでなかなか栃木にもチャンスがないなかで、逆にゴールを奪って勝てています。本当に難しい試合が続いていると思います」

――ジョニー選手の落ち着きが周りに落ち着きをもたらしているのでは。 

 「もうすぐキャリアの400試合出場を達成します。その経験が自分にはあると思うし、それが自然と周りに落ち着きを与えているのだと思うし、ときには注意をしたり、鼓舞したり、そういうことが自然とできているし、意識もしています」