結果(詳細)

第4節 2018/03/17(土) 14:03〜 栃木グ(3,203人)
晴 主審:岡 宏道 副審:竹田 明弘 , 若槻 直輝

HOME

栃木SC

  • 西谷 和希 41'

試合終了

1-0

  • 1前半0
  • 0後半0

AWAY

カマタマーレ讃岐

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    15

    ジョニー レオーニ

  • DF

    3

    西河 翔吾

  • DF

    19

    服部 康平

  • DF

    30

    田代 雅也

  • DF

    28

    温井 駿斗

  • MF

    27

    久富 良輔

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    14

    西谷 和希

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    25

    ネイツ ペチュニク

控え

  • GK

    33

    石川 慧

  • DF

    17

    福岡 将太

  • MF

    24

    和田 達也

  • MF

    38

    宮崎 泰右

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • MF

    37

    浜下 瑛

  • FW

    16

    榊 翔太

カマタマーレ讃岐

監督北野 誠

先発

  • GK

    1

    清水 健太

  • DF

    22

    武田 有祐

  • DF

    2

    パク チャニョン

  • DF

    5

    麻田 将吾

  • DF

    31

    アレックス

  • MF

    17

    佐々木 匠

  • MF

    25

    岡村 和哉

  • MF

    7

    永田 亮太

  • MF

    19

    重松 健太郎

  • FW

    13

    木島 徹也

  • FW

    20

    原 一樹

控え

  • GK

    16

    ソン ヨンミン

  • DF

    4

    荒堀 謙次

  • DF

    15

    市村 篤司

  • MF

    10

    高木 和正

  • MF

    14

    佐々木 渉

  • FW

    9

    我那覇 和樹

  • FW

    11

    森川 裕基

ゲームイベント

交代

栃木 71' FW 25 ネイツ ペチュニク → FW 16 榊 翔太
90' FW 9 大黒 将志 → DF 17 福岡 将太
90+4' MF 11 岡﨑 建哉 → MF 24 和田 達也

讃岐 75' MF 17 佐々木 匠 → MF 10 高木 和正
75' FW 20 原 一樹 → MF 14 佐々木 渉

イエローカード

栃木 76' 30 田代 雅也
77' 19 服部 康平

讃岐 44' 31 アレックス

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

カマタマーレ讃岐

シュート数

9
6
DF 28
温井 駿斗
1
MF 5
ヘニキ
1
MF 14
西谷 和希
1
MF 27
久富 良輔
1
FW 9
大黒 将志
2
FW 16
榊 翔太
1
FW 25
ネイツ ペチュニク
2
DF 31
アレックス
2
MF 7
永田 亮太
1
MF 25
岡村 和哉
1
FW 13
木島 徹也
1
FW 20
原 一樹
1

CK

4
4

直接FK

12
15

間接FK

2
1

PK

0
0

GK

10
8

オフサイド

2
1

ハーフタイムコメント

栃木SC

・前線からの良い守備、全員守備で
・良い攻撃を続けていこう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「お疲れさまでした。J2が開幕してからなかなか勝てないなかで、それでも熱い声援をいただきながら迎えたホーム戦でした。内容などいろいろと課題はありますが、このホームで勝点3が取れたことがまずよかったと思いますし、応援してくださっているサポーターに感謝いたします。またすぐに水曜日にアウェイの岐阜戦がありますので、いい点、悪い点、ありますが、岐阜さんをしっかり分析をして、また簡単に勝点を与えるようなチームにならないように、しっかり準備したいと思います」

――勝因については。

「ここまで連敗していたんですが、チームがバラバラになることなく、しっかりトレーニングをしていたし、みんながチームのことを考えながら、チームのために勝点3を取ろうとまとまってプレーしてくれたと思います」

■西谷和希選手

――決勝ゴールを振り返ると。

「狙い通りでした。スローインからネイツが勝ってくれたし、ヘニキが運んでくれたとき、ファーサイドに(温井)駿斗も相手を追い越してゴール前まで来ていたし、あのシーンは走力の差が出たシーンだったと思います。自分のゴールはチームメイトたちのおかげです。自分も今後チームメイトを助けられるように頑張るだけです」

――4試合を終えてJ2のレベルをどう感じていますか?

「今日の讃岐もいいチームだし、楽に勝てるチームなんて一つもありません。これからも苦しみながらでも、しっかり勝ちを目指して戦いたいと思います」

■西河翔吾選手

――完封で初勝利です。3バックの手応えは。

「この3試合の教訓を生かすために準備してきたことが結果に現れたと思うし、システムも変化を加えるなかでやりましたが、その意図、監督が求めることを選手たちが体現できたと思います。先制したあとは何とか前半をゼロで凌ごうと思って、そのまま前半が終わったので、あとはもうみんなで一生懸命に戦うだけでした」

■服部康平選手

――試合を振り返っていかがでしょうか。

「しっかり前半からゼロで抑えるというところはチームとしてやっていましたので、それがしっかりできて、また点を取ることができてよかったです。今までと違ったフォーメーションをやりましたが、とにかくコンパクトにして、ひとりひとりが守備を意識してできていた結果だと思います」

――今日はゲームキャプテンを務めていましたね

「あまりキャプテンという柄ではなかったので、いつもの倍以上の声を出して元気よくプレーすることを心がけました」

――今後に向けて

「次も今日のようなプレーを続けて、失点をゼロで抑えて勝利できるよう、頑張っていきたいと思います」