結果(詳細)

第21節 2017/09/03(日) 15:03〜 A‐スタ(2,461人)
晴 主審:田中 玲匡 副審:辛島 宗烈 , 高橋 俊二

HOME

ブラウブリッツ秋田

  • 田中 智大 90+5'

試合終了

1-1

  • 0前半0
  • 1後半1

AWAY

栃木SC

  • 牛之濵 拓 81'

ブラウブリッツ秋田

監督杉山 弘一

先発

  • GK

    21

    松本 拓也

  • DF

    6

    有薗 真吾

  • DF

    24

    山田 尚幸

  • DF

    43

    下田 光平

  • DF

    4

    深井 脩平

  • MF

    14

    山田 樹

  • MF

    7

    前山 恭平

  • MF

    11

    久富 賢

  • MF

    9

    古田 寛幸

  • MF

    10

    日髙 慶太

  • FW

    29

    田中 智大

控え

  • GK

    1

    小澤 章人

  • DF

    3

    韓 浩康

  • MF

    2

    乾 達朗

  • MF

    8

    藤山 智史

  • MF

    20

    青島 拓馬

  • FW

    16

    遊馬 将也

  • FW

    17

    堺 俊暉

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    15

    ジョニー レオーニ

  • DF

    26

    夛田 凌輔

  • DF

    4

    広瀬 健太

  • DF

    5

    尾本 敬

  • DF

    7

    菅 和範

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    16

    仙石 廉

  • MF

    14

    西谷 和希

  • FW

    13

    上形 洋介

  • FW

    25

    ネイツ ペチュニク

控え

  • GK

    1

    竹重 安希彦

  • DF

    22

    メンデス

  • DF

    29

    川田 拳登

  • MF

    2

    西澤 代志也

  • MF

    38

    宮崎 泰右

  • MF

    10

    杉本 真

  • FW

    8

    廣瀬 浩二

ゲームイベント

交代

秋田 68' MF 10 日髙 慶太 → MF 8 藤山 智史
86' DF 43 下田 光平 → MF 2 乾 達朗

栃木 63' FW 13 上形 洋介 → DF 29 川田 拳登
87' FW 25 ネイツ ペチュニク → MF 2 西澤 代志也
90+4' MF 14 西谷 和希 → FW 8 廣瀬 浩二

イエローカード

秋田 28' 29 田中 智大

栃木 78' 26 夛田 凌輔

チームスタッツ

ブラウブリッツ秋田
  • 合 計

栃木SC

シュート数

6
10
MF 7
前山 恭平
2
MF 14
山田 樹
1
FW 29
田中 智大
3
DF 26
夛田 凌輔
2
DF 7
菅 和範
2
MF 16
仙石 廉
1
MF 21
牛之濵 拓
1
MF 14
西谷 和希
1
FW 25
ネイツ ペチュニク
1
FW 13
上形 洋介
2

CK

0
4

直接FK

10
11

間接FK

2
0

PK

0
0

GK

10
10

オフサイド

2
0

ハーフタイムコメント

栃木SC

・相手のウィークポイントを突こう
・風下だから浮いたボールの処理をしっかりしよう
・中盤でしっかりボールを繋ごう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

いうまでもなく、首位秋田さんと戦う大事な試合で、栃木からも多くのサポーターが来ていただいて、その声援にこたえるためにも勝点が必要だと感じていた試合でした。試合が終わる寸前までは目標が達成できそうでしたが、今日は結果がすべてだと思っています。あの時間に追いつかれてしまったことは非常に残念です。

ただ、これで優勝がなくなってしまったわけではありません。次節は土曜日にアウェーで鹿児島戦がありますので、今日のゲームを反省すべきは反省し、戦うためのメンタルも準備して、勝ち切れるようにやっていきたいです。


―ショッキングな失点だったと思いますが、選手たちにどんな声掛けをされたんでしょうか。

これがリーグ最終戦だったら、という話ですが、まだリーグ戦は残り12試合ありますし、優勝の可能性も残されています。J2昇格もまだまだ可能性はあります。
ここでチームとして下を向くわけにはいかない。前を向いて、次の鹿児島戦をしっかり勝つための準備をしないといけないと思います。今も全員でクールダウンをするなかで、勝つための準備をしなくちゃいけないという話を全員にしました。

■川田拳登 選手

―栃木加入後、初出場でした。
自分の出場どうこうよりも、最後は残念だった、その一言です。


―個人的なプレーはどう振り返りますか。
とにかくサイドから縦に仕掛けようと思っていて、ただ、最初の仕掛けで相手が警戒して縦を切ってきたと感じました。一本、和希(西谷)君へのスルーパスが通っていれば、というシーンがあったところで通らず、それは自分の技術不足です。


―すぐ土曜日に試合が来ます、メンタルの回復も必要です。
僕はまだ加入したばかりだし、僕よりもみんなのほうがもっと悔しいと思うんです。だから、自分は新入りですけど、拓夢(藤沼)と一緒に盛り上げて、みんなの士気を上げれればと思います。

■尾本 敬 選手

―最後に悔しい失点でした。
単純に僕のミスです。僕が相手にやられただけで、あそこで相手のマークを外していなければ終わっていた試合なので、みんなに申し訳ないと思っています。ただ、負けたわけじゃないし、まだまだ終わったわけじゃないので、希望は捨てずにやっていきたいです。


―最後は1点を守り切るイメージだったと思います。

みんな集中してやっていたと思うし、最後の自分のところだけなので真摯に受け止めてやっていくしかないです。切り替えてやるしかないし、起きたことはしょうがないので、次、しっかりチームとして準備します。

■牛之濱 拓 選手

―2試合連続でのゴールとなりました。

あのまま勝って、1対0のゴールになっていれば最高でした。ただ、次の試合があるので次もまたゴールを決められるようにいい準備をするしかないです。


―上位同士の戦いで緊迫した好ゲームだった印象もあります。
そうですね。ただ、前半もまだイージーなミスがあったし、もっと自分がクロスボールやスルーパスや勝負のパスの精度を高ければ、もっとチャンスは作れていたと思います。


―すぐに土曜日にアウェー鹿児島戦がやってきます。何が大事になりますか。

僕らはここに首位秋田との試合があることを意識して、3連勝で迎えることができただけに、絶対に勝ちにいこうとやってきたんです。今日は引き分けてしまったけど、それでもまだ優勝の可能性がなくなったわけじゃないです。悔しいですけど、鹿児島に勝つしかないと思います。鹿児島戦も決勝戦のつもりでやります。