2017.06.17

試合情報

▼試合結果・コメント 2017明治安田生命J3リーグ 第13節 板通スペシャルマッチ・栃木県民デー「栃木SC vs 鹿児島ユナイテッドFC」

<試合結果>

栃木SC 2 - 1 鹿児島ユナイテッドFC
(前半)0 - 1
(後半)2 - 0

【得点者】
 25分 藤本 憲明(鹿児島)
 64分 岡﨑 建哉(栃木)
 77分 上形 洋介(栃木)

【交代(栃木のみ)】
 76分 宮崎 泰右 → 安藤 由翔
 87分 仙石 廉 → 古波津 辰希
 92分 岡﨑 建哉 → 菅 和範

【会場】
 栃木県グリーンスタジアム

【入場者数】
 5,041人



<スターティングメンバー>

◆栃木SC
GK 15 ジョニー レオーニ
DF 4 広瀬 健太
DF 5 尾本 敬
DF 17 福岡 将太
MF 38 宮崎 泰右
MF 2 西澤 代志也
MF 16 仙石 廉
MF 26 夛田 凌輔
FW 11 岡﨑 建哉
FW 13 上形 洋介
FW 14 西谷 和希

控えメンバー
GK 1 竹重 安希彦
DF 7 菅 和範
MF 10 杉本 真
MF 24 和田 達也
MF 28 安藤 由翔
MF 6 古波津 辰希
FW 8 廣瀬 浩二

監督 横山 雄次



◆鹿児島ユナイテッドFC
GK 31 山岡 哲也
DF 4 丹羽 竜平
DF 6 田中 秀人
DF 40 上本 大海
DF 18 関 光博
MF 7 赤尾 公
MF 24 松下 年宏
MF 8 永畑 祐樹
MF 17 中原 優生
MF 10 ナ ソンス
FW 9 藤本 憲明

控えメンバー
GK 47 キローラン 菜入
DF 3 谷口 功
MF 33 田上 裕
FW 13 山田 裕也
FW 29 野嶽 惇也

監督 三浦 泰年




<ハーフタイムコメント>



横山 雄次監督:
   ・我慢強く今の攻撃を続けよう
   ・守備ではオープンになり過ぎないように気をつけよう



<試合後の監督・選手コメント>

◇横山 雄次 監督
「栃木県民デー」として迎えたホームゲームで、厳しい試合になりましたが、また結果的にホームのサポーターの皆さんの前で2点取って逆転できたというところで、今日来て頂いたファン・サポーターの皆さんにまず感謝したいと思います。内容で言うと、ここ何試合かのなかではチャンスも作れたゲームだったかなと思います。ただ、失点場面を含めてですが、まだまだ詰めなければいけない場面も同時にありました。来週は1試合休みになりますが、少し気持ち的にもリフレッシュした中で、また次のアウェイのガンバ戦に向けてしっかり準備をして、次の試合を取って3連勝できるようにやっていきたいと思っています。
―攻守においてどういう評価でしたか
守備に関して言うと、鹿児島さんの特長で、まずは藤本選手へ、ということは分っていたのですが、そこで何回かチャンスを作られてしまったので、そういった意味では狙い通り抑えられていた部分もあるし、分っていたけれどやられてしまったという両方があったゲームだったと思います。攻撃に関しては、相手の4バックに対して、<3-4-3>でやるメリットが出た試合だったかなと思っています。というのは、ボランチやワイドの選手を含めて、相手を横に動かしながら攻撃するというところでは、すべてが良い訳ではないですが、今までよりも選手達が共通認識を持ってやってくれたと思っています。良い形も出たとは思っています。
―逆転勝ちが今季2度目となりましたが
それは本当に喜ばしいことで、良い意味で自信にしていきたいです。先に失点しても、あまりゲームが上手くいかなくても、こういう経験は経験値として選手達に入っていくと思いますので、チームとしても良い経験として次に繋げていけたらと思っています。


◇上形 洋介選手(背番号13 FW)
苦しい展開となりましたが、最終的に勝ち切れたのでその点では良かったと思います。スカウティングしていて見ていた鹿児島より、実際に戦ってみた方がやはり一つ上で、なかなかプレスもはまらず、自分たちのペースにもっていけなかった。後半は逆に割り切って前から行ったことで、自分達に流れが傾いたのかなと思います。
―ゴールシーンを振り返って頂けますか
将太(福岡)が良い形でボールを持っていましたし、クロスが上がる前に目も合っていて、思っていたところにボールが来たので最後当てるだけでした。ピッチでプレーしていた中でも、スタジアムの皆さんの一体感もすごく感じましたし、それが僕達の力になりました。今日の勝利は皆さんの応援のお陰だと思っています。


◇岡﨑 建哉選手(背番号11MF)
先制されて苦しい試合となりましたが、皆が同じ方向に向かって一つになって戦えたことが勝利に繋がったと思います。栃木に来て、PKでしたが初ゴールを決めることができ、そして勝利できたので良かったです。まだまだやらなければいけないことはたくさんありますので、トレーニングからしっかりと積み上げていって、今年の目標を達成できるように頑張りたいと思います。


<photos>