2017.04.09

試合情報

▼試合後の監督・選手コメント 栃木トヨタカップ 第22回栃木県サッカー選手権大会 決勝戦「栃木SC vs 栃木ウーヴァFC」

<試合結果>


栃木SC 0-1  栃木ウーヴァFC
 (前半)0-1
 (後半)0-0

【得点者】
 41分 福田 周平(栃木ウーヴァFC)

【交代(栃木のみ)】
 ハーフタイム 宮崎 泰右 → 竹中 公基
 ハーフタイム 岡﨑 建哉 → 安藤 由翔
 76分 上形 洋介 → 廣瀬 浩二
 76分 西澤 代志也 → 杉本 真

【会場】
 栃木県グリーンスタジアム

【入場者数】
 929人




<スターティングメンバー>

◆栃木SC
1 GK 竹重 安希彦
4 DF 広瀬 健太
5 DF 尾本 敬
17 DF 福岡 将太
38 MF 宮崎 泰右
2 MF 西澤 代志也
16 MF 仙石 廉
26 MF 夛田 凌輔
11 FW 岡﨑 建哉
13 FW 上形 洋介
14 FW 西谷 和希

控えメンバー
23 GK 川田 修平
7 DF 菅 和範
28 MF 安藤 由翔
10 MF 杉本 真
8 FW 廣瀬 浩二
9 FW 竹中 公基
19 FW 服部 康平

監督 横山 雄次



◆栃木ウーヴァFC
GK 22 花田 力
DF 17 鳥山 祥之
DF 2 鵜飼 亮多
DF 14 岡本 洵
DF 5 石堂 圭太
MF 20 松田 康佑
DF 4 端 駿介
MF 8 福田 周平
MF 10 内山 俊彦
MF 27 村岡 拓哉
FW 25 若林 学

控えメンバー
GK 31 森 建太
DF 26 唐木澤 真也
DF 29 増田 修斗
FW 9 松野 大輝
FW 11 畦地 健太
FW 18 宮下 周歩
FW 19 佐藤 祐輝

監督 堺 陽二


<試合後の監督・選手コメント>

◇横山 雄次 監督
相手の崩し方をある程度イメージしていましたが、特に前半はその逆になってしまったというか、もう少ししっかりボールを動かしながらチャンスを多く作ろうとトライをしたが、なかなか形にならずに相手の得意な形で運ばれてしまいました。後半は、何回か決定的なチャンスがあったので、それを決めていれば、今日の展開で言えば悪いながらも前半を0-0で進められていれば、と言うのがあったと思います。ただ、去年もそうですが結果として明らかに出ているので、僕自身もそうですが自分に矢印を向けるしかないですし、これが何らかのメッセージだと捉えてもう一度気を引き締め、更に意識を高く持って練習に取り組んでいくこと、それしかないと思っています。
―今日も雨のなかサポーターの皆さんが駆けつけてくれました
今日で言うと、去年も予選で負けてしまったこともあり、まずはサポーターのため戦おうと。そういう意味で、リベンジやリゲイン、信頼を取り戻すといったところから今週トレーニングをはじめました。そういったなかで、それがまたできず、本当に申し訳ない気持ちしかないです。
―監督としての働きかけとしてもう少しこうしておけばと思うことはありますか
今日で言うと、もっと厳しくというのは僕の中ではなくて、逆に今日みたいなゲームで気合いだけで勝てたかと言うとそんなことも無くて、もう少し落ち着いてクレバーにプレーするような場面がなければいけなかったと思います。そういった意味では、選手たちが手を抜いていたとか気合いが入っていなかったということはなかったと思います。一方で、ピッチ上で選手達の能力をもっと引き出せなければいけなかったと思っています。この天皇杯も今年は取らなくてはいけないと思っていたので、公式戦と同じつもりで準備をしてきましたので、僕自身ものすごく責任を感じています。ファン・サポーターの皆さんに本当に申し訳ないという気持ちでいっぱいです。
―今後へ向けて
本当に厳しい場面で、ピッチでもっと見せなきゃいけない。練習のピッチ上からお互いがもう一個レベルを上げてやっていくしかないという話を選手達にしました。


◇廣瀬 浩二 選手(背番号8 FW)
前半が良くなくても、後半に持ち直して勝つゲームが今までずっとあったなかで、90分を通してずっと自分達が主導権を握れるわけではないので、そういったところで自分達が我慢強く戦うというところで、去年にしても今年にしても予選で負けるという結果はプロとして駄目ですし、サポーターの皆さんを落胆させてしまう結果になってしまいました。
J2に上がるといった目標がある中で、今日の結果は絶対にプラスには向かない。ただ、このマイナスの結果をプラスに変える為には、これから先の自分達の立ち振る舞いや練習への姿勢、そこから繋がるリーグ戦の結果が一番重要になってくる。今日のこの敗戦はひとことで表すことは出来ないですし、応援してくれたファン・サポーターの皆さんの信頼を失う結果になってしまった。それを自分達ひとりひとりがしっかりと受け止めて、しっかりと考えて、それをチームに還元していくことが大事になると思います。リーグ戦もまだ1勝しかできていないですし、これをターニングポイントにしていかなければいけないなと思います。

<photos>