2018.12.14

ホームタウン

栃木県知事と宇都宮市長へ2018年度末の表敬訪問を実施しました

2018度の活動報告として、橋本大輔代表取締役社長と選手2名が、福田富一栃木県知事、佐藤栄一宇都宮市長へ表敬訪問を行いました。



【宇都宮市役所 表敬訪問】

11月29日(木)に、橋本大輔代表取締役社長と廣瀬浩二キャプテン、川田拳登選手が、佐藤栄一宇都宮市長へ表敬訪問を行いました。 


橋本代表より、「今年はJ2に復帰し、過去最高の平均来場者数を記録、たくさんのサポーターに応援していただきました。また、アウェイのお客様が増えたことにより、よりおもてなしを意識した年でした。」とご報告すると、佐藤市長より「選手の皆さんが全力で戦ってくれることが、宇都宮市のPRにもつながる。これからも宇都宮市を上げて応援していきます。」と慰労と激励のお言葉をいただきました。




【栃木県庁 表敬訪問】

12月13日(木)に橋本大輔代表取締役社長、廣瀬浩二キャプテン、竹重安希彦選手が福田富一栃木県知事へ表敬訪問を行いました。


福田知事から「一時は7位に浮上し、県民に希望を与えてくれた。引き続き栃木県も応援していくので、来年度も頑張ってください。」と、慰労と激励のお言葉をいただきました。 廣瀬キャプテンは「今年はJ2の舞台に戻ってこられて、たくさんのサポーターに応援していただき、本当にありがたかった。期待に応えきれない部分もあったので、来年につなげていきたい。」と答えていました。

行政・スポンサー、ファン・サポーターの皆様からたくさんの応援とご支援をいただき、来年度もJ2の舞台で戦えることが決まりました。

来シーズンも皆様に夢と希望を与えられるよう、チーム・クラブともに全力で取り組んでいきますので、引き続きたくさんの応援よろしくお願いいたします。