2018.11.13

ホームタウン

【2018年度第12 回「ゆめプロジェクト」学校訪問事業】宇都宮市立海道小学校を大黒選手と川田拳登選手が訪問しました!

10月17日(水)に宇都宮市立海道小学校を大黒将志選手、川田拳登選手、金澤祐介コーチ、浜嶋淳郎コーチが訪問し、同校の5、6年生を対象に2018年度第12回目の「ゆめプロジェクト」学校訪問事業を実施しました。


選手の呼び名は「おぐりさん」「けんさん」という呼び方に決まり、子供たちとたくさん触れあっていました。


最後に選手全員のサインが入ったフラッグとサインの入った色紙を学校に贈呈いたしました。選手達は子どもたちに、「自分の夢をしっかりと持ちその夢に向かって頑張ってください」と伝えていました。

<ゆめプロジェクトとは>

栃木サッカークラブの社会貢献活動の一環として、選手・スタッフが学校において講話や実技を行い、スポーツを通じてこどもたちとの交流を図ることにより、子ども達の心身の健全な発達に対して積極的に関与・貢献していくことを目的としています。