新着情報

ニュース & トピックス

2012年3月11日(日)
【「TKCスペシャルマッチ」J2第2節 vs 大分トリニータ】試合後の監督・選手コメント

◯松田浩監督:
「ホーム開幕戦ということで、この前の試合の悔しさを晴らしたかったが、サポーターの皆様に申し訳ない結果になってしまった。0-1から1-1に追いつけそうなところで、ミスからの失点があった。そこが今日の一番のキーポイントだと思うし、全体としても勝負どころで踏ん張れなかった。そこも敗戦した原因かと思う。前半は好機もありピンチもあったが、結果的に相手に決められてしまった。後半は良い形でスタートできていた分、2失点目は残念だった。戦い方のプランなど、もう一度練り直して再スタートしなければいけないと思っている。
今日は震災から1年ということだったが、選手達には常々自分たちがサッカーをできるありがたい環境にいることを感謝して欲しいと思っている。今日は黙祷なども行ったし、特にその事を感じることができた日だったのではないかと思う。
今の采配は、キャンプを通して一番調子の良かった選手を使っている。今はシーズン序盤で、数週間という短期間の中で選手を見て采配を決めなければいけない。瞬間的な評価をしていかなければいけない時期で見極めがむずかしいところ。」

◯高木和正選手:
「それぞれ個人の技術が足りなかった。後半になって相手が落ちてきて、ボールが少しずつ回せてきたので、その時間帯で同点に追いつけたらよかった。やはり2失点目が大きかった。その後チャンスがなかったわけではないので決定力が足りなかった。(ヨンファン選手との連携は)距離、バランスというのを試合前から話していた。できた部分、できなかった部分あるがこれから練習で改善していきたい。」

◯廣瀬浩二選手:
「ミスの多い試合だった。自分たちのやりたいことが全くできていなかった。ボールを大切にしていこうという意識が強すぎて、逆に大切に扱いすぎていた部分がある。良い守備からの良い攻撃という方針はあるが、攻撃に転じた時に簡単にボールを奪われてしまっていては、結局その守備も意味がなくなってしまう。ボールを持ったときは周りの選手のサポートが大切。今の状況は個人というよりもチーム全体に問題があると思う。次の試合に向けて気持ちの切り替えももちろん大切だが、反省点も多いのでしっかりとその部分は個人個人が振り返った上で共有して次に臨みたい。」

◯サビア選手:
「チャンスは少なかった。前半のエリア外からのシュートと、後半のこぼれ球のシーンは、あそこで決めていれば、というシーンだった。栃木は良いチームだし、J1に上がるべきチームだと思っていが、今はチーム全体の調子として難しい時期。しかし、すぐに首位の攻防戦に絡んでいこうと思っている。自分自身のコンディションは悪くないので、次の試合でも自分の力を信じて、100%の力を出せるようなプレーを心がける。」

◯河原和寿選手:
「自分たちのはっきりしないプレーから失点を許してしまった。以前は悪い状況の中でも無失点に抑えられていたので、今日の失点は残念。今日は相手に迫力を与えるプレーが少なかったし、一人ひとりの動き出しも遅かったように感じる。2点目以降の失点はもしかしたら自分たちが点を取りにいっていたからかもしれないが、そこはしっかりと分析してみないとわからない。次の試合は必ず勝つよう、今日の課題をしっかりと消化していきたい。」

◯柳川雅樹選手:
「センターバックというミスの出来ないポジションでミスが出てしまった。それが結果にも出てしまったのは自分のせいというしかない。前半も自分たちのミスで流れを失っていたし、もっと最初から前へ前へ向かっていければ違う展開になっていたかもしれない。後半は始めは良い入り方が出来て追いつける感じはしたが、自分のミスでやってはいけない2失点目をしてしまった。2連敗してこれから勝っていかないといけないので、しっかり反省し、練習をしてポジションを取れるようにしていきたい。」

◯ユ デヒョン選手:
「緊張はしていたが、昔から夢にみていたJリーグでプレー出来嬉しかったし、気持ちよかった。絶対勝ちたいと思っていたので悔しい。試合前、積極的に攻撃参加をやりたい思っていたが、なかなかポジション的に味方の選手ともかぶってしまったこともあってうまくできなかった。(大学時代一緒にやっていたヨンファン選手とのコンビネーションは)昔からずっとやってきていて、言葉も通じるしやりやすいのはあった。次戦までまだ一週間あるので、しっかり準備をして次に臨みたい。」

◯久木野聡選手:
「今日は絶対に勝ってやるという気持ちだったし、交代で入ったときも自分としてはかなり気合を込めて臨んだ。なかなかパスは入ってこなかったが、自分としては動き出しなどよく出来ていたと感じている。一番敗因だと感じているのは、チーム全体としてつなぐのか蹴っていくのか、意識とタイミングの統一がいまいち出来ていなかったところ。連敗だけは絶対にしたくない。次の試合も、個人としては点を取ることに集中していこうと思っている。」

◯チャ ヨンファン選手:
「プロとしていよいよスタートしたなと実感しており、身が引き締まる。多くのファン・サポーターにはびっくりしたし、自分の名前を呼ばれたときはとても嬉しかった。デヒョンとのコンビは大学から一緒だったし言葉も通じるという部分もあるが、言葉を交わさなくても通じるものも多いので、やはりやりやすかった。チーム全体とも、言葉は通じないがある程度コミュニケーションはできていたので、そこは自分自身納得している点。今日は森島選手に2得点決められてしまったことが残念。もっと厳しくチェックにいかなくてはならなかったと感じている。」