2016.10.15

試合情報

▼プレビュー 2016明治安田生命J3リーグ 第25節 明治安田生命 宇都宮支社 スペシャルマッチ・下野市民デー「栃木SC vs 福島ユナイテッドFC」

前節はアウェイでFC琉球との対戦。
台風の影響もあり風の吹くピッチで行われた試合、前半は相手の攻撃にひやりとする場面もあったが無失点で抑え、0-0のまま後半戦へ。試合が動いたのは65分、後半に代わって入った相手FWにゴールを決められ先制点を許してしまう。何とか追いつきたい栃木は87分、広瀬健太選手が今シーズン2得点目となるゴールを決めて同点へ追いつく。その後も相手陣内へと攻め込むも1-1で試合終了のホイッスル。今節一番遠いアウェイの地で、サポーターや多くのひとたちの想いが詰まった勝点1を掴み取った。


「前節の琉球戦は、相手に先制点を取られてしまったが、そこから追いつくことができ、選手達の気持ちが見えた試合だった。残り6試合となったが、日々のトレーニングから自分達の良いところはさらに磨いていき、チームとして良い準備をして戦っていきたい。まずは目の前の試合に集中することが大事だと思っています。」と横山雄次監督。

「残り6試合となって、自分達が勝ち続ければ優勝が手に届くところにありますが、絶対に負けられない戦いが続きます。福島は前線に強い選手がいるので注意したいですし、あとは自分達が焦れずにやっていくことが大事になると思います。前回の対戦時よりは、自分達も積み重ねてきたものが確実にありますし、良さを出しつつ、課題だった部分もしっかりと意識しながら戦っていきたいです。今のこのチャンスを生かすことができるかどうかは自分達にかかっていると思います。とにかく最高の準備をして臨みます。」と廣瀬浩二キャプテンは意気込みを語った。

福島ユナイテッドFCは、現役時代に栃木SCに在籍していたことのある栗原圭介監督やかつて4年間チームに在籍していた鴨志田誉選手も在籍している。現在、栃木は2位につける大分トリニータとの勝点差は2と縮まってきている。残りの試合が少なくなってくるにつれ、迫りくるプレッシャーも大きくなっていく。残り6試合のうち、ホームグリスタで試合が出来るのは今シーズンあと3試合。自分達らしさを忘れずに戦っていくことが勝利に繋がるだろう。スタジアムで声援を送ってくれるサポーターに勝利を届け、勝利の県民の歌を歌おう。

【HOME GAME】
2016明治安田生命J3リーグ 第25節 明治安田生命宇都宮支社スペシャルマッチ・下野市民デー「栃木SC vs 福島ユナイテッドFC」
10月16日(日)13:00キックオフ!(会場:栃木県グリーンスタジアム)
◇試合情報:
http://www.tochigisc.jp/news/article/00007942.html
◇チケット好評発売中!!
https://www.jleague-ticket.jp/sales/release/1643261