2014.09.29

その他

クラブライセンス交付第一審査期間(FIB)による2015シーズン Jリーグクラブライセンスの交付について

平素より当クラブに対し、格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
この度、2015シーズンJリーグクラブライセンス交付について、下記の通り決定しましたのでお知らせ致します。




2015シーズン Jリーグクラブライセンスの交付について

判定結果   「J1ライセンス」交付

<参考> 
 「J1ライセンス」・・・順位等の要件を満たしていれば、2015シーズンはJ1に残留または昇格することが出来る。

  ※本リリースは「J1ライセンス」の交付が認められたことをお伝えするものであり、2015シーズンのJ1昇格が決定したというものではございません。


ただし、Jリーグからは以下の通知が届いております。
■B等級基準未充足項目・・・スタジアムの屋根のカバー率


【水沼富美男 株式会社栃木サッカークラブ代表取締役社長 コメント】
「この一年間、県民の皆様、ファン、サッカー協会、経済界など多くの方々に、財務上のライセンスクリアにおいてご心配・ご迷惑をおかけしましたが、本日J1ライセンスを交付頂き、率直にホッとしております。
 『栃木県の財産』という視点から、クラブをJリーグに残そうという強い想いでご支援いただいた全ての皆様に、感謝と御礼を申し上げます。
 皆様に安心して応援していただくにはしっかりとした財政基盤の確立が必要で、来年からが本当の意味での『栃木SC再生』のスタートとして、更なる努力を続けてまいります。」

以上