2012.08.26

試合情報

【2012J2第31節 vs 湘南ベルマーレ】試合後の監督・選手コメント

■松田浩監督:
「今季見ていて一番面白かったし、一番の出来だったが、皮肉にもそれが敗戦ということで、サッカーとはそういうものなのかなと。実際に失点をしたわけだから、うちにミスがなかったわけではない。そういうことを今日はちょっと許してもらえない日だったのかなという気がしている。選手は本当に良くやってくれて誇りに思うが、厳しい言い方をすると失点機を与えてしまったし、得点機を決められなかったというところを反省する以外ないのかなと思う。それが現実かなと。ただ、全く頭を下げるような試合ではないし、まだこれで終わったわけではない。これで自信をつけたと思うので、精度を上げるなどして切り替えてやっていきたい。
あまりにも上手く行きすぎた所が落とし穴というか、ちょっといい気になったのかなという反省はある。古橋選手と下村選手の2点とも素晴らしいが、それまでの所で我々に小さなミスがあった。(1点目のFKを与えた)その前にボールの失い方でミスがあったし、2点目に関してはクイックリスタートの形に対してスキを作った。それが直接入ったわけではないのでこじつけかもしれないが、我々はそこを問題にする以外ない。この前の試合は廣瀬の一発で、素晴らしいゴールで勝てた部分もあるので、こういう日もあるのかなと。2引き分けよりも1勝1敗の方が勝点は多いし、そんなふうに考えて、それを活かすしかないと思う。」


■廣瀬浩二選手:
「あれを決められないのは運ではなく自分の力。あの時間帯でしっかり決めきっていればアディショナルタイムもあったので、セットプレーから逆転も出来たと思う。あそこで決めきれないのは自分の責任。試合自体は後ろでボールを動かすことがかなり出来ていたし、自分達が思うように相手を走らせることが出来た。失点シーンは一番最初、自分の所でボールを収められていれば、あそこでファウルを与えることもなかった。シュート自体は止めようがなかったし、あのシュートがもう一度来るかといえば難しいところもあるが、その確率を減らしていかないといけない。元をたどって改善すれば勝ちが増えてくる。試合内容自体は湘南相手に準備してきたことが出来ていた。それなのに結果が付いて来ていない。自分がしっかり決めていれば最悪ドローで終わっていた。ちょっと今日は不甲斐ない。」


■赤井秀行選手:
「(先制のシーンは)竜太(佐々木選手)が凄く頑張ってくれたし、竜太のボールが凄く良かったので、あとは浩二さん(廣瀬選手)にパスするだけだった。試合全体を通して良い試合が出来たと思うが、相手に2点が入ったことでメンタル的にやられた部分はあった。ただ、そこの時間帯を除けば栃木のサッカーが、練習してきた通りのサッカーが出来た。あの2本のシュートはスーパーだったと思う。後半もチャンスがあったので、どうにか落ち着いて試合を進めたかった。相手が引いて来たので、もっと後ろで回して、相手が出てきたところの穴を突ければ良かったが、相手が揃っている時にボールを入れてしまい取られていた。もっと我慢して穴を突ければ良かった。」


■武田博行選手:
「1点目のFKは僕が止めたかった。1点リードした後だったので。そこで止められる選手が良い選手だと思う。2点目のシュートに関しても止めていれば負けていなかったかもしれない。たらればになるが、結果的にやられてしまっているのでそこは反省して、凄いシュートも止められるようにやっていかないといけない。ああいうシーンでチームの勝利に貢献したかったが、そこで貢献できなかったのは悔しかった。内容的に良かったし、良い時間帯に点が取れたので、1-0で前半を終われたら良かった。それが試合巧者のチーム。自分がレベルアップして、次の試合からチームを助けられるようにしたい。」


■當間建文選手:
「勝点を取るチャンスがあったし、勝点を取られるスキを与えてしまったのは問題だった。失点シーンを作る前が問題だと思う。セットプレーで取られ、負けていない気がする中で負けているのがサッカー。今後は1点を取った後の試合運びなどが鍵になってくると思う。(内容が良くても)負けは負けだし、相手の方が上だった。そこは割り切ってやるしかない。」


■佐々木竜太選手:
「今日はボールを取られないことと、前を向いて行くフリをしてDFラインを下げることを意識した。全体的にはそんなに悪くなかったと思う。相手のプレッシャーがある時でも怖がらずに前を向けた。(先制点のシーンは)上手く前が向けて、ヒデさん(赤井選手)がタイミング良く上がって来たので、3バックのスペースを上手く突けたと思う。今まで試合に出ていなかったが、連戦をやることでゲーム勘が戻りやすくなった。この連戦でそれはある程度改善されたと思う。(初ゴールには)段々と近付いていると思う。」