2011.01.14

その他

【新春特別企画:新加入選手インタビュー】鈴木修人選手<後編>

新春特別企画として、既に公表している新加入選手のインタビューをお届けいたします。2011シーズンに新たに栃木SCへ加入する頼もしい選手たちを、ファン・サポーターの皆様に、より深く知って頂く為に、インタビュー記事(2部構成)にて毎日更新していきます。


第10回は、鈴木修人選手<後編>です。

Q:鈴木修人選手がサッカーと出会った時期は?
「名前が名前なので父親の影響で、本格的に始めたのは小2の頃です。」

Q:サッカーとはどのように付き合ってきました。
「ずっと父親と夜に公園へ行ってボールを蹴っていましたね。父親と公園に行くのが日課でした。1人でボールを蹴るのは好きではなかったので。初めはサッカーをやらされている感覚がありました。父は厳しかったですけど、今は感謝しています。」

Q:元々、ボランチからスタートしましたか?
「最初はFWでした。中学からトップ下になり、高2からボランチに転向しました。」

Q:素直にコンバートは受け入れられました?
「僕は諦めが早いので(笑)。FWが駄目だからトップ下に、トップ下から監督にボランチにコンバートしてもらいました。ボランチになってから市船でも試合に出始めました。トップ下の時にはBチームでも試合に出られませんでしたけど。ボランチになってからスタメンになれたので、布先生(啓一郎氏。元市船監督)には使い続けていただき、感謝しています。」

Q:FWからポジションを変える選手が、やはり多いですね。
「後は大人になってからもできるので、小さい頃は前目のポジションをやっていた方がいいんじゃないですか?指導者は活躍する選手は前に置きたがりますよね。」

Q:千葉県民が抱く栃木県のイメージは?
「餃子とU字工事です。U字工事がテレビ番組で栃木の話題をネタにしている時があるので、ネタにしてもらえるように頑張ります(笑)。」

Q:趣味や特技はありますか?
「ゴルフですね。以前、入江さん(利和選手)に電話した時に『110で回ってきた』と言ったので、『俺の方が巧いですよ』と言いました(笑)。」

Q:入江選手とは顔馴染みなんですか?
「入江さんとは大学時代の選抜で一緒でしたね。入江さんは作新学院大学から1人で来ていましたね。当時から巧かったですよ。」

Q:最も影響を受けた選手は誰ですか?
「中学生の頃は鹿島に居たので、ビスマルク選手ですね。ボールボーイをしていた時にも試合を観ないでビスマルク選手だけを観ていました。高校時代はピルロ(ACミラン)を観ていました。同じ系統の選手は目に付きますし、鹿島では小笠原さん(満男選手)という、いいお手本が居たので、その3人ですかね。身体能力がなくてもピルロはプレーできているので、理想ですね。」

Q:間近で一流選手のプレーを目にできるのが下部組織の利点ですよね。
「クラブハウスが大きいですし、間近に見られるので環境は本当に最高ですよ。僕が中3の時に小笠原さんとかの年代が鹿島に入ってきて、(中田)浩二さん達と一緒にプロでできたので、凄く嬉しかったですね。間近で見ていた選手とプレーできたのは本当に嬉しかったです。浩二さんとはどっちが先に引退するか競争しているので、負けないようにしたいですね。浩二さんとかは絶対に息が長いプレースタイルなので負けたくありません!」

Q:自分の性格を客観視してください。
「明るいと思いますし、騒がしいですね。静かなタイプではないので、人見知りしませんし。誰とでも話せるので、街で会ったら気軽に声を掛けてもらえたら嬉しいですね。」

Q:ということは、いじられるよりも、いじるタイプですか?
「両方ですね。いじったり、いじられたりします。どっちも苦じゃないですね。鹿島では誰からもいじられますし。浩二さんとか新井場(徹選手)さん、下の世代も興梠(慎三)とか。」

Q:C級ライセンスに教職も持っているということは、将来は指導者を目指していると。
「松田さんからも貴重なお話を聞けましたし、オズワルド(オリベイラ監督)の練習は全部覚えています。高校、大学の練習も覚えているつもりなので、将来は指導者の道に進みたいですね。できるだけ現役を続けてから。サッカーには関わっていきたいですし、サッカー以外の仕事はできないと思います(笑)。スーツは着たくないです!」

Q:何の教科の教員免許ですか?
「保健体育です。(母校に)教育実習に行った時の生徒が橋本(真人選手)でした(笑)。」

Q:今季の目標を教えてください。
「できるだけ多くの試合に出て、J1に昇格できるように貢献したいです。チームとしてJ1昇格が目標になるだろうし、チャンスをいただいたクラブに恩返ししたいですね。」

Q:2009年には湘南で昇格を経験されていますね。
「終盤に7試合出させてもらいました。昇格を争うチームと10位くらいに居るチームでは、最後の10試合でのモチベーションが違うと思うので、最後まで可能性のある位置に居たいですし、ファン・サポーターの方のモチベーションも落とさないように、1年を通して頑張れればいいですね。」

Q:ヴァンフォーレ甲府との激しい3位争いを制しました。
「最終戦も0-2とリードされていましたけど、最終的に3-2と逆転したので、持っていましたね、あの時の湘南は。一昨年の湘南はロスタイム弾を10試合で決めていたので、勝負強さがありました。どのチームにも簡単には勝てないですけど、差はわずかだと思います。」

Q:最後にファン・サポーターへのメッセージをお願いします。
「明けましておめでとうございます。1年間を通して応援しがいのある試合をします。最後まで選手もファン・サポーターも諦めないような順位に居たいですし、結果を出したいので応援よろしくお願いします。」


(後編)


※大和田真史選手、トリポジ選手は、19日(水)以降に掲載予定です。