2010.01.10

その他

【新春特別企画:新加入選手インタビュー】林祐征選手<前編>

この度、栃木サッカークラブでは、1月6日(水)より1月16日(土)までの間、新春特別企画として、既に公表している新加入選手のインタビューをお届けいたします。2010年シーズンに新たに栃木SCへ加入する頼もしい選手たちを、ファン・サポーターの皆様に、より深く知って頂く為に、インタビュー記事(2部構成)にて毎日更新していきます。

第9回目は、林祐征選手<前編>です。

U-20日本代表に選出されたこともある187cmの大型ストライカーは、ここ数年苦しんでいた。徳島ヴォルティス時代の2年間は怪我に泣かされたこともあり、出場機会に恵まれず、ノーゴールと本来の力を出し切れないまま消化不良のシーズンを送っていた。それだけに、アビスパ福岡時代に苦楽を共にした松田浩監督の下での再出発には意欲的だ。「ピッチで恩返しがしたい。ゴールは取れるだけ取りたい」と、プロ2年目にマークした11ゴール以来の2桁ゴールが今季の目標。強靭な肉体を活かしたポストプレー、クロスからのヘディングシュートに加え、DFの背後を取る動き出しも特徴のひとつ。多彩なゴールパターンで、自身とチームの課題である「得点力不足」の克服を目指す。

=以下、インタビュー=

Q:徳島ヴォルティスから栃木SCへの移籍が決まりました。今の心境は?
『栃木さんに拾ってもらったという気持ちが自分の中では強いので、早くピッチで恩返しがしたいですね。新天地でサッカーができると思うと嬉しいです。栃木SCには知り合いがいるので、早くチームに馴染んでいきたいと思います。宮本亨とは福岡で、高木(高木和正選手)と大久保(大久保裕樹選手)とはU-20の日本代表で少しだけ一緒にプレーしました。』

Q:徳島を退団されてから栃木を選択した理由は?
『徳島を退団してからトライアウトに行き、すぐに(アビスパ)福岡で一緒にやっていた松田さん(浩監督)に声を掛けてもらいました。トライアウトは自分をアピールする場としては時間などが限られていますが、その中でもいい動きができたので目に留めてもらったのかなと思っています。』

Q:徳島の米田選手(2007年シーズン、京都サンガF.C.から栃木へレンタル移籍)と仲が良いと聞いていますが。
『徳島ではほとんど一緒にいましたね(笑)。契約が満了になった時に、めっちん(米田選手の愛称)には相談に乗ってもらいました。めっちんは栃木が住みやすかったみたいですよ。僕が「栃木に行くよ」と言ったら、「俺も行きたいなあ」と言っていましたね。』

Q:移籍に関してご家族に相談されましたか?
『栃木に来ることは自分の中で決めていたので、それほど相談することはなかったですね。「栃木に行くよ」とだけ家族には伝えました。』

Q:2007年の福岡時代には天皇杯で栃木と対戦し、ゴールも決めています。栃木の印象はいかがですか?
『対戦した時にはめっちんや山下さん(山下芳輝選手。現FC琉球)のイメージが強くて、正直なところチームとしての印象はそれほどなかったです。知っている個人の選手を見ていた感じですかね。』

Q:徳島に在籍していた昨年、林選手の目に栃木のサッカーはどのように映りましたか?
『松田さんは知り合いですし、宮本も知っているので試合に出ているなあと。チームとしてのイメージは漠然としていますかね。松田さんとはトライアウト後に少し話しましたが、「細かいところは少し変わっているけど、それほどやっているサッカーは大きく変わっていない」と仰っていました。松田さんのサッカーは分かっているので、早く馴染めると思いますし、早く馴染みたいですね。』

Q:福岡で一緒に戦った松田監督の印象は?
『きっちりしているところはきっちりしている厳しい監督だと思います。僕はガツガツ言ってくれる監督の方がやりやすいですし、拾って頂いたので「頑張りたい」という気持ちが強いですね。福岡で一緒にやっていた時には、僕が若かったので「ハードワークしろ」と言われました。がむしゃらにやれていた自分がいたので昔の気持ちを呼び起こしたいと思っていますし、松さんならばそういう気持ちを呼び起こさせてくれると思っています。昔みたいにプレーできたら自分ももっともっと活躍できると思います。』

Q:一昨年、怪我をされましたが今の状態は?
『徳島へ移籍した1年目に右足の前十字靱帯を怪我したので、苦しかったですね。松田さんは「うちの練習場は人工芝だけど」と心配してくれました。栃木にも膝を怪我した選手がいるそうですが問題なく練習しているようなので、心配しても不安が募るだけですし、心配はしていません。逆に怪我をしたことで膝、太もも、ハムストリングを強化できました。昨年1年間は怪我もしていないので、膝を痛めたことが「いい強化になっている」とポジティブに捉えています。』

Q:昨年はわずか3試合しか試合に出られませんでした。
『ここ何年かは試合に出られない状況が続いているので、新天地では試合に出られるようにアピールしたいと思っています。松田さんには拾って頂いたので恩返しではないですが、活躍して期待に応えたいという気持ちが強いです。』

Q:林選手のストロングポイントは?
『ターゲットマンなので、ポストプレーやヘディングです。とにかく今は点が取りたいですね。裏に抜ける動きも自分の中では好きなプレーのひとつです。松田さんが指揮をしていた福岡時代には裏に抜けるプレーをやっていたので、そういうプレーもどんどんやりたいと思っています。でも、そんなに器用な方ではないので、しっかりゴール前で体を張りヘディングで競り勝ち、シュートが打てるようにしたいですね。とにかくがむしゃらに、ハードワークしたいと思っています。』

Q:栃木に限らずFWには前線からの守備も求められます。
『J2はどこのチームも最近は前線からプレスに行きます。栃木の中盤はベテランの選手が多いので、「あそこにいけ」と指示をもらえればプレスに行くので、どんどん後ろから僕を動かしてもらいたいですね。』

Q:昨年、栃木SCは得点力不足に悩まされました。
『ここ数年は自分自身も得点力不足なので、個人としてもチームとしても一緒に課題を克服できればいいですね。』

Q:今季は古巣の福岡や徳島と対戦します。
『とにかく福岡にも徳島にも負けたくないですね。それはどの試合でも思うことですが、福岡と徳島にはより一層「勝ちたい」という気持ちが強まると思います。博多の森(レベルファイブスタジアム)ではそれほどブーイングをもらわないんですけど、福岡のサポーターは熱く激しいので、そろそろブーイングを受けると思うので、覚悟はしています(笑)。でも、ブーイングは気にしないように、耳に入れないようにプレーします。気にすると切りがないのですし。栃木のサポーターは温かいと聞いていますし、スタジアムの雰囲気もいいと聞いています。まだグリスタではプレーしたことがないので、早くプレーしてみたいですね。それに県民の歌も覚えようと思っています。スカパー!などの映像で観ていて強く印象に残っていますし、松田さんも歌っているので、覚えないといけないなと。一致団結している、あのスタジアムの一体感は凄いですね。自分としてはサッカー専用スタジアムの方がプレーしやすいですし、トラックがあるスタジアムよりも「サッカーをやっているな」という気がしますね。』

Q:チーム始動までに準備しておきたいことは?
『体をしっかり作りたいと思います。シーズン中は体が重くなるので筋力強化が集中的にできないですから、膝の周りの強化と併せて重点的に筋肉を付けたいですね。あとは走り込みもしっかりやっておきます。』

(後編へ続く)

<プロフィール>
◇林 祐征(はやし ひろゆき)選手
■生年月日 :1983年10月5日(26歳)
■出身地    :徳島県
■ポジション   :FW
■利き足     :右
■身長/体重  :187cm / 84kg
■経歴     :小松島高等学校 → アビスパ福岡(2002~2006.10)
         → V・ファーレン長崎(2006.10~2007.1:期限付き移籍) → アビスパ福岡(2007)
         → 徳島ヴォルティス(2008~2009)

■代表歴     :U-20日本代表(2003)
■出場記録
シーズン/チーム/所属/リーグ戦/カップ戦/天皇杯/シーズン通算 ※以下、出場数(得点数)
2002 福岡 J2 10 (2) ‐(‐) 4(1) 14 (3)
2003 福岡 J2 31(11) ‐(‐) 3(3) 34(14)
2004 福岡 J2 15 (1) ‐(‐) 1(0) 16 (1)
2005 福岡 J2 18 (2) ‐(‐) 1(0) 19 (2)
2006 福岡 J1  6 (0) 3(0) ‐(‐)  9 (0)
   長崎 九州  5 (1) ‐(‐) 0(0)  5 (1)
2007 福岡 J2 22 (2) ‐(‐) 2(1) 24 (3)
2008 徳島 J2  7 (0) ‐(‐) 0(0)  7 (0)
2009 徳島 J2  3 (0) ‐(‐) 1(0)  4 (0)
通算 117(19) 3(0) 12(5) 132(24)

【バックナンバー】
第1回 杉本真選手<前編>
http://www.tochigisc.jp/news/article/00001315.html

第2回 杉本真選手<後編>
http://www.tochigisc.jp/news/article/00001316.html

第3回 高木和正選手<前編>
http://www.tochigisc.jp/news/article/00001317.html

第4回 高木和正選手<後編>
http://www.tochigisc.jp/news/article/00001318.html

第5回 小野寺達也選手<前編>
http://www.tochigisc.jp/news/article/00001319.html

第6回 小野寺達也選手<後編>
http://www.tochigisc.jp/news/article/00001320.html

第7回 飯田健巳選手<前編>
http://www.tochigisc.jp/news/article/00001321.html

第8回 飯田健巳選手<後編>
http://www.tochigisc.jp/news/article/00001322.html