結果(詳細)

第33節 2018/09/15(土) 19:03〜 栃木グ(9,459人)
雨一時曇 主審:吉田 哲朗 副審:村井 良輔 , 関谷 宣貴

HOME

栃木SC

  • 川田 拳登 61'

試合終了

1-3

  • 0前半0
  • 1後半3

AWAY

愛媛FC

  • 近藤 貴司 51'
  • 小池 純輝 89'
  • 河原 和寿 90+4'

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    1

    竹重 安希彦

  • DF

    6

    古波津 辰希

  • DF

    19

    服部 康平

  • DF

    17

    福岡 将太

  • MF

    29

    川田 拳登

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    26

    夛田 凌輔

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    14

    西谷 和希

  • FW

    37

    浜下 瑛

控え

  • GK

    33

    石川 慧

  • DF

    7

    菅 和範

  • MF

    2

    西澤 代志也

  • MF

    50

    二川 孝広

  • MF

    20

    端山 豪

  • MF

    41

    西谷 優希

  • FW

    49

    アレックス

愛媛FC

監督川井 健太

先発

  • GK

    1

    岡本 昌弘

  • DF

    8

    安藤 淳

  • DF

    4

    西岡 大輝

  • DF

    5

    前野 貴徳

  • MF

    14

    小池 純輝

  • MF

    16

    田中 裕人

  • MF

    6

    野澤 英之

  • MF

    17

    小暮 大器

  • FW

    19

    藤本 佳希

  • FW

    7

    近藤 貴司

  • FW

    10

    神谷 優太

控え

  • GK

    21

    馬渡 洋樹

  • DF

    2

    山﨑 浩介

  • DF

    3

    玉林 睦実

  • FW

    9

    有田 光希

  • FW

    18

    西田 剛

  • FW

    20

    河原 和寿

  • FW

    28

    吉田 眞紀人

ゲームイベント

交代

栃木 74' MF 26 夛田 凌輔 → MF 20 端山 豪
87' MF 5 ヘニキ → MF 50 二川 孝広
87' FW 14 西谷 和希 → MF 41 西谷 優希

愛媛 74' MF 17 小暮 大器 → FW 28 吉田 眞紀人
81' FW 7 近藤 貴司 → FW 9 有田 光希
90+2' FW 10 神谷 優太 → FW 20 河原 和寿

イエローカード

愛媛 34' 7 近藤 貴司

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

愛媛FC

シュート数

14
8
DF 6
古波津 辰希
1
DF 17
福岡 将太
1
DF 19
服部 康平
1
MF 5
ヘニキ
2
MF 29
川田 拳登
3
FW 9
大黒 将志
2
FW 14
西谷 和希
1
FW 37
浜下 瑛
3
MF 14
小池 純輝
1
MF 16
田中 裕人
1
FW 7
近藤 貴司
2
FW 10
神谷 優太
2
FW 19
藤本 佳希
1
FW 20
河原 和寿
1

CK

8
7

直接FK

8
12

間接FK

0
2

PK

0
1

GK

7
8

オフサイド

0
2

ハーフタイムコメント

栃木SC

・粘り強く、我慢強く最後まで全員でまとまって戦うこと

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「栃木のホームゲームで、今日は1万人プロジェクトとして準備をしてもらって、その中で多くの熱い声援を頂きました。だからこそ勝たないといけないゲームだったと思っています。内容に関してはすべてが悪かったわけではないですが、だからこそ、今日は勝たないといけない試合だったと思います。その意味で申し訳ないと思っています。ただ、当たり前ですが、また来週にはアウェイで京都戦があるので、とにかく連敗を止めないといけないので、しっかりと準備して臨みたいと思います」

――岡山戦からCKからの失点が続いていますが、どう捉えていますか?

「今日も最後のところは細かい部分だったと思いますが、ただ、その細かい部分が失点という課題に出ているので、チームとして課題だと受け止めて次に活かさないといけないと思います。負けるときは、ああいう失点で負けることも多いので、だからこそ、失点したことを受け止めて次に進んでいきたいです」

■古波津辰希選手

――1年半ぶりのスタメンでした。

「連敗していたので、自分が出て、この流れを変えてやろうと意気込んでいたんですが、結果的に負けてしまったので本当に残念です」

――今日監督から要求されていたタスクは?

「セットプレーで狙えるんだったら狙っていいよ、と。自分は結構ヘディングは自信があるし、自分に付く選手はそんなにヘディングが強くないとわかっていたので、チャンスだと思っていました。前半の1本目のヘディングが自分なりには入ったと思ったヘディングだったんですけど、あのゴールが決まっていればまた違った展開になっていたと思います」

■川田拳登選手

「今日は前半も後半も結構チャンスがあったので、そこで決められるかどうか、そこが今のチームの課題だと思います。そこはみんなで肝に銘じてしっかり練習をやっていきます」

――前半から惜しいシュートがありました。

「今年のキャンプにはゴール前のセカンドボールを拾ってゴールを決める、という流れを作っていたので、自分にはその武器がある、というチームの共有があります。今日はそれを見せつけることができたと思います」