結果(詳細)

第22節 2018/07/07(土) 18:03〜 町田(3,627人)
曇 主審:野田 祐樹 副審:藤井 陽一 , 若槻 直輝

HOME

FC町田ゼルビア

試合終了

0-1

  • 0前半1
  • 0後半0

AWAY

栃木SC

  • 大黒 将志 15'

FC町田ゼルビア

監督相馬 直樹

先発

  • GK

    1

    福井 光輝

  • DF

    2

    奥山 政幸

  • DF

    17

    下坂 晃城

  • DF

    5

    深津 康太

  • DF

    35

    大谷 尚輝

  • MF

    7

    杉森 考起

  • MF

    15

    井上 裕大

  • MF

    29

    森村 昂太

  • MF

    8

    平戸 太貴

  • FW

    30

    中島 裕希

  • FW

    9

    鈴木 孝司

控え

  • GK

    21

    髙原 寿康

  • DF

    3

    藤井 航大

  • MF

    10

    土岐田 洸平

  • MF

    19

    土居 柊太

  • MF

    24

    ロメロ フランク

  • MF

    32

    戸高 弘貴

  • FW

    20

    ドリアン バブンスキー

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    1

    竹重 安希彦

  • DF

    27

    久富 良輔

  • DF

    30

    田代 雅也

  • DF

    19

    服部 康平

  • DF

    17

    福岡 将太

  • MF

    37

    浜下 瑛

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    24

    和田 達也

  • FW

    13

    上形 洋介

  • FW

    9

    大黒 将志

控え

  • GK

    33

    石川 慧

  • DF

    3

    西河 翔吾

  • MF

    2

    西澤 代志也

  • MF

    50

    二川 孝広

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • FW

    16

    榊 翔太

  • FW

    25

    ネイツ ペチュニク

ゲームイベント

交代

町田 56' MF 7 杉森 考起 → MF 32 戸高 弘貴
76' MF 29 森村 昂太 → FW 20 ドリアン バブンスキー
85' MF 8 平戸 太貴 → MF 24 ロメロ フランク

栃木 84' FW 13 上形 洋介 → MF 2 西澤 代志也
89' FW 9 大黒 将志 → FW 25 ネイツ ペチュニク
90+3' MF 37 浜下 瑛 → MF 21 牛之濵 拓

イエローカード

町田 72' 5 深津 康太

栃木 72' 11 岡﨑 建哉

チームスタッツ

FC町田ゼルビア
  • 合 計

栃木SC

シュート数

6
6
DF 5
深津 康太
2
DF 17
下坂 晃城
1
DF 35
大谷 尚輝
1
MF 29
森村 昂太
1
MF 32
戸高 弘貴
1
MF 11
岡﨑 建哉
2
MF 37
浜下 瑛
2
FW 9
大黒 将志
2

CK

9
5

直接FK

11
12

間接FK

0
2

PK

0
0

GK

6
17

オフサイド

0
2

ハーフタイムコメント

栃木SC

・全員で粘り強く戦うこと
・ハードワークを続けていこう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「栃木は連敗を重ねているなかで厳しい状況でしたが、そういう状況でもアウェイの町田まで多くのサポーターに来ていただき、本当に熱い声援をいただきました。まずサポーターの皆さんに勝利を届けることができてよかったと思っています。と同時にサポーターに感謝の気持ちがあります。町田さんは特徴があるチームで、厳しい戦いになると予想していましたが、今日は選手たちが本当にしっかり戦ってくれました。戦う気持ちの部分で相手よりも少し上回れたことが勝利に繋がったと思っています。ただ、当たり前ですが、リーグ戦は続きますし、栃木の状況はすべてがいいわけではないので、しっかり今日のゲームも分析して、ここから学んでしっかりと準備していきたいと思います」

――球際のファイトで気持ちの強さが見えました。 

 「今日はそこが勝負のポイントでしたが、選手たちは相当に意識して戦ってくれたし、僕らも働きかけもした中で、もちろんすべてではないですが、そのポイントで上回れたことが一番の勝因だと思っています」

■岡﨑建哉選手

――先制ゴールは岡﨑選手から大黒選手への鮮やかなラストパスでした。

「最近もオグリさん(大黒将志)には『何も変えることなく、これまでどおりのタイミングで出していい』とずっと言われていたので、あのパスはイメージどおりでした」

――この一勝は大きいですね。

「どんな形でも勝ちたかったし、上位の相手にバチバチとやり合うなかで勝つことができたのは自信になります。今後はいい波に乗っていきたいし、そのためにも今日のようにみんなで協力してやっていきたいです」

■竹重安希彦選手

――今日は前半と後半に一本ずつビッグセーブがありました。

「そんなビッグセーブではなかったですよ。そこまでピンチはなかったと思います」

――久ぶりの公式戦で難しさはあったと思います。

「そうですね。ただ、先週のトレーニングマッチで90分間出場することができたので、それができた上で迎えられたのは大きかったです」

――竹重選手自身にとっても1-0の勝利は大きいのでは。

「そうですね。僕自身、1年以上ぶりとなる公式戦(昨季のホーム沼津戦○2-1)以来だったので良かったです。チームとしてこれが巻き返していく勝利になればいいと思います」