結果(詳細)

第17節 2018/06/03(日) 13:03〜 松本(12,334人)
晴 主審:窪田 陽輔 副審:塚越 由貴 , 竹田 和雄

HOME

松本山雅FC

  • パウリーニョ 55'

試合終了

1-0

  • 0前半0
  • 1後半0

AWAY

栃木SC

松本山雅FC

監督反町 康治

先発

  • GK

    1

    守田 達弥

  • DF

    4

    飯田 真輝

  • DF

    31

    橋内 優也

  • DF

    5

    岩間 雄大

  • MF

    25

    前田 直輝

  • MF

    47

    岩上 祐三

  • MF

    14

    パウリーニョ

  • MF

    6

    藤田 息吹

  • MF

    20

    石原 崇兆

  • MF

    13

    中美 慶哉

  • FW

    9

    高崎 寛之

控え

  • GK

    21

    鈴木 智幸

  • DF

    3

    田中 隼磨

  • DF

    18

    當間 建文

  • MF

    10

    工藤 浩平

  • MF

    23

    岡本 知剛

  • FW

    19

    山本 大貴

  • FW

    38

    永井 龍

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    15

    ジョニー レオーニ

  • DF

    7

    菅 和範

  • DF

    19

    服部 康平

  • DF

    30

    田代 雅也

  • MF

    27

    久富 良輔

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    14

    西谷 和希

  • MF

    26

    夛田 凌輔

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    13

    上形 洋介

控え

  • GK

    33

    石川 慧

  • DF

    3

    西河 翔吾

  • MF

    38

    宮崎 泰右

  • MF

    24

    和田 達也

  • MF

    50

    二川 孝広

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • FW

    16

    榊 翔太

ゲームイベント

交代

松本 40' DF 31 橋内 優也 → DF 18 當間 建文
90' MF 25 前田 直輝 → MF 10 工藤 浩平

栃木 56' FW 13 上形 洋介 → MF 50 二川 孝広
73' MF 27 久富 良輔 → MF 38 宮崎 泰右
73' MF 11 岡﨑 建哉 → FW 16 榊 翔太

イエローカード

松本 43' 14 パウリーニョ

栃木 21' 26 夛田 凌輔
27' 11 岡﨑 建哉
73' 30 田代 雅也
90+1' 19 服部 康平

チームスタッツ

松本山雅FC
  • 合 計

栃木SC

シュート数

12
5
MF 13
中美 慶哉
1
MF 14
パウリーニョ
1
MF 20
石原 崇兆
2
MF 25
前田 直輝
4
MF 47
岩上 祐三
3
FW 9
高崎 寛之
1
MF 11
岡﨑 建哉
2
MF 14
西谷 和希
1
MF 26
夛田 凌輔
1
FW 9
大黒 将志
1

CK

4
3

直接FK

21
11

間接FK

1
0

PK

0
0

GK

12
12

オフサイド

1
0

ハーフタイムコメント

栃木SC

・一発に賭ける。
・いいゲームをしているからこそ、勝利をつかみ取ろう。

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「アウェイの松本で本当にいい雰囲気で試合をさせてもらいました。栃木からも多くのサポーターに来てきただき、熱い声援をいただきました。ゲームに関していえば、選手はリーグ戦を戦うなかで良くなかったことから学んで、今日のゲームもトライしてくれたと思います。ただ、今日は勝点が取れなかったので、僕自身も含めて、また自分たちにしっかり矢印を向けてしっかりやっていきたいです。中2日ですぐに天皇杯がありますし、リーグ戦はまだ続きますので、しっかり準備をして、この敗戦を前向きに捉えてやっていきたいと思います」

■菅和範選手

――前節同様に栃木らしいゲームでしたが、松本山雅との差はどう感じましたか?

「表現が難しいのですが、やはり、クオリティの差ではないかと思います。僕自身も含めてですが、ロングスローをどこに投げるのか、どこまで飛ばすのか、誰がどこに入るのか、その精度を上げて、もっと自分たちのストロングにしていかないといけないと思います。山雅はセットプレーも含めてレベルが高いことは理解していただけに、そのストロングで失点したことは悔しいです」

■岡﨑建哉選手

――互いのストロングであるセットプレーが勝敗をわけた0-1。どう捉えていますか?

「負けは負けです。同じような戦いをするチームに負けたというのは、つまり、力がないということ。でも、栃木は今の戦いをぶれずに積み重ねていくことが大事だと思うので、トレーニングからしっかりと自分ができることを考えながらやっていきたいです」