結果(詳細)

第16節 2018/05/27(日) 14:03〜 栃木グ(8,354人)
晴時々曇 主審:三上 正一郎 副審:亀川 哲弘 , 眞鍋 久大

HOME

栃木SC

試合終了

0-1

  • 0前半1
  • 0後半0

AWAY

大宮アルディージャ

  • 大前 元紀 14'

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    15

    ジョニー レオーニ

  • DF

    7

    菅 和範

  • DF

    19

    服部 康平

  • DF

    30

    田代 雅也

  • MF

    27

    久富 良輔

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    14

    西谷 和希

  • MF

    26

    夛田 凌輔

  • FW

    25

    ネイツ ペチュニク

  • FW

    9

    大黒 将志

控え

  • GK

    33

    石川 慧

  • DF

    3

    西河 翔吾

  • DF

    28

    温井 駿斗

  • MF

    24

    和田 達也

  • MF

    50

    二川 孝広

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • FW

    16

    榊 翔太

大宮アルディージャ

監督石井 正忠

先発

  • GK

    22

    笠原 昂史

  • DF

    20

    酒井 宣福

  • DF

    2

    菊地 光将

  • DF

    3

    河本 裕之

  • DF

    6

    河面 旺成

  • MF

    39

    嶋田 慎太郎

  • MF

    15

    大山 啓輔

  • MF

    7

    三門 雄大

  • MF

    16

    マテウス

  • FW

    28

    富山 貴光

  • FW

    10

    大前 元紀

控え

  • GK

    21

    塩田 仁史

  • DF

    4

    山越 康平

  • DF

    19

    奥井 諒

  • MF

    8

    茨田 陽生

  • MF

    17

    横谷 繁

  • FW

    11

    マルセロ トスカーノ

  • FW

    9

    ロビン シモヴィッチ

ゲームイベント

交代

栃木 70' MF 5 ヘニキ → MF 50 二川 孝広
82' DF 30 田代 雅也 → MF 21 牛之濵 拓
88' MF 27 久富 良輔 → DF 28 温井 駿斗

大宮 27' DF 2 菊地 光将 → DF 4 山越 康平
88' FW 10 大前 元紀 → MF 8 茨田 陽生
90+2' MF 39 嶋田 慎太郎 → FW 11 マルセロ トスカーノ

イエローカード

栃木 76' 7 菅 和範

大宮 4' 16 マテウス

レッドカード

栃木 ***' 25 ネイツ ペチュニク

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

大宮アルディージャ

シュート数

7
9
MF 5
ヘニキ
1
MF 11
岡﨑 建哉
1
MF 14
西谷 和希
3
MF 50
二川 孝広
1
FW 25
ネイツ ペチュニク
1
DF 20
酒井 宣福
1
MF 15
大山 啓輔
2
MF 16
マテウス
2
FW 10
大前 元紀
3
FW 28
富山 貴光
1

CK

7
4

直接FK

16
15

間接FK

1
3

PK

0
1

GK

9
13

オフサイド

1
3

ハーフタイムコメント

栃木SC

・最後まで気持ちを切らさずに、全員でまとまって戦うこと

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「多くの栃木のサポーターに来ていただき、また、大宮からも多くのサポーターに来ていただき、いい雰囲気を作っていただきました。栃木は前々節は負け、前節は引き分けだったので、今節は勝点3を取ろうと臨んだゲームでしたが、結果が出なかったことは栃木のサポーターに申し訳ないと思っています。ゲームについて言えば色々なことがあったのですが、あまりいい場面はなかったと思います。ただ、そういうなかでも選手たちはハードワークし、チームとしてまとまったゲームを進めてくれたと思います。後半もある程度は相手にとって危険な戦い方はできたと思います。今日は負けましたがリーグ戦は続きますし、いいことは続けられるように、そして次はアウェイの松本戦ですので、勝点が取れるようにしっかり準備したいと思います」

――先制を許したゲームでしたが、その後はFKやロングスローに時間をかけながらチャンスを作りかけていたと思います。 

 「栃木の戦い方に対してチームが共通認識をもって、いい意味で割り切りながら、最後に勝ち点を掴む試合を目指してくれました。栃木はセットプレーも大事にしているので、そういうシーンをたくさん作れたことは良かったと思っています。だからこそ、そういう相手に対してもう一つギアや意識を上げながらトレーニングしないといけない、という話は先ほど選手たちにしました。この状況からもう一段階上げるために試行錯誤してやらないといけないと思います」

■服部康平選手

――最初の失点シーン以外は栃木らしいゲームで進められたと思いますが、試合を振り返るとどうでしょうか。

「全員が、やれていた、という印象を持っていると思います。それでも前半の不用意なハンドでペナルティを与えてしまって敗れた、もったいないゲームだったと思います。セットプレーも多かっただけに、それで1点も取れなかったことは残念です」

――あれだけセットプレーがあって決め切れなかった要因は。

「相手も対策してきていると思います。今まで投げる側と合わせる側のタイミングが合っていたからうまくいきましたが、今日はややずれていました。たまたま合わなかったのかな、とも思いますが、練習からもう一度しっかり詰めたいと思っています」

■岡﨑建哉選手

――先制されながら栃木らしい試合だったのかなと思いますが、ロングボールの競り合いで相手のCB河本選手も強くて、そのセカンドボールを相手が拾うシーンも多かったと思います。

「自分のなかでここに来るだろうというのは外れたというのはあります。自分のなかで拾えなかった、という印象が強い試合でした。パスもうまく配球もできなかったし、課題だと捉えて次に進みたいと思います」

――FKとロングスローはだいぶ時間をかけながら一本一本大事にやっていったのは良かったと思うんですが。

「それこそいっぱいあるなかで合わせることができなかったのはふがいないし、悔しいです。練習からしっかりやりたいです」