結果(詳細)

第8節 2018/04/08(日) 14:03〜 栃木グ(4,087人)
晴 主審:榎本 一慶 副審:岩田 浩義 , 大矢 充

HOME

栃木SC

  • 西谷 和希 87'

試合終了

1-1

  • 0前半1
  • 1後半0

AWAY

徳島ヴォルティス

  • 井筒 陸也 33'

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    15

    ジョニー レオーニ

  • DF

    3

    西河 翔吾

  • DF

    19

    服部 康平

  • DF

    30

    田代 雅也

  • MF

    27

    久富 良輔

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    14

    西谷 和希

  • MF

    17

    福岡 将太

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    25

    ネイツ ペチュニク

控え

  • GK

    33

    石川 慧

  • DF

    7

    菅 和範

  • MF

    24

    和田 達也

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • MF

    50

    二川 孝広

  • MF

    29

    川田 拳登

  • FW

    16

    榊 翔太

徳島ヴォルティス

監督リカルド ロドリゲス

先発

  • GK

    1

    カルバハル

  • DF

    4

    藤原 広太朗

  • DF

    5

    石井 秀典

  • DF

    15

    井筒 陸也

  • MF

    17

    山﨑 凌吾

  • MF

    14

    杉本 竜士

  • MF

    10

    杉本 太郎

  • MF

    8

    岩尾 憲

  • MF

    7

    内田 裕斗

  • MF

    11

    島屋 八徳

  • FW

    13

    呉屋 大翔

控え

  • GK

    21

    梶川 裕嗣

  • DF

    25

    内田 航平

  • DF

    28

    大屋 翼

  • DF

    27

    大本 祐槻

  • MF

    32

    小西 雄大

  • MF

    23

    前川 大河

  • FW

    33

    藤原 志龍

ゲームイベント

交代

栃木 55' MF 17 福岡 将太 → MF 24 和田 達也
69' MF 5 ヘニキ → MF 50 二川 孝広
83' MF 27 久富 良輔 → MF 29 川田 拳登

徳島 62' MF 14 杉本 竜士 → DF 27 大本 祐槻
76' MF 17 山﨑 凌吾 → MF 23 前川 大河
90+1' FW 13 呉屋 大翔 → MF 32 小西 雄大

イエローカード

栃木 73' 19 服部 康平

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

徳島ヴォルティス

シュート数

6
8
MF 5
ヘニキ
2
MF 14
西谷 和希
1
FW 9
大黒 将志
1
FW 25
ネイツ ペチュニク
2
DF 5
石井 秀典
1
DF 15
井筒 陸也
1
MF 11
島屋 八徳
2
MF 17
山﨑 凌吾
1
MF 23
前川 大河
2
FW 13
呉屋 大翔
1

CK

4
9

直接FK

13
19

間接FK

1
2

PK

0
0

GK

7
5

オフサイド

1
2

ハーフタイムコメント

栃木SC

・セカンドボールのバトルで負けないこと
・ロスタイムまで集中して戦おう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「栃木SCとしては前節敗戦したあとのホームゲームだったので、勝点3が欲しい試合でした。ただ、徳島さんはJ2のなかで攻撃のデータでかなりいい数値を出しているチームですので、厳しい戦いは覚悟していました。前半はボールを持たれる時間も長く、それでも何とか凌いでいましたが、押し込まれるなかで失点をしてしまって、さらに厳しいゲームになりました。ただ、前節もそうでしたが、そこで集中が切れず、全員がまとまってハードワークすることで、セットプレーからゴールを奪って引き分けにすることができた試合だったと思います。試合後に選手たちにも伝えましたが、大事なのは、これを成長として捉えられるかどうかは、次のゲームにかかっているということ。今節粘って引き分けに持ち込めた結果を受けた次節、ホームで新潟と戦って簡単に負けてしまうのか、勝点3がとれるのか、次が大事だと思っています。しっかり準備して臨みたいと思います」

――西谷選手の最後のFK弾について、あれはチームでキッカーを決めていたのか、選手が志願したものなのか、どちらなんでしょう。

「(西谷)和希は全体練習後のシュート練習などを地道にやっていて、ああいうFKも練習でいいキックを見せていたので、最後はピッチのなかで、(西谷)和希が蹴ったほうがいいんじゃないか、という雰囲気になったのだと思います。地道な努力をしているし、プレー全体もうまくなっているし、最後は一本のキックでしたが助けてもらいました」

■二川孝広選手

――短い時間でしたが大黒選手に3本くらい決定的なパスを通しましたね。

「試合前から大黒から、試合に出たときには出してくれ、と要求されていたし、意識してあいつを見るようにはしていました。ただ、ゴールには繋がっていないので、もうちょっと違う場面でもチャンスを作っていきたいです」

――いきなり栃木の試合に出たわけですが感触はどうでしたか。

「やりにくさは感じなかったし、すんなりと試合に入れたかなと思います」

■服部康平選手

――試合を振り返ると。

「ボールを支配される時間が長かったですけど、失点したあとに相手に2点目を与えずに最後に追いつけたことは良かったです。ただ、ホームでしたし勝ち切りたかったです」

――チーム全体に落ち着きのようなものが出ていますね。

「失点してもばたつかなかったし、ボールを回されても落ち着いて対応することをチームとしてできているのかなと思います」

――前節、ああいう悔しい負けを経験した次の試合で粘って勝点1を奪えました。チームとして前進と言えるのでは。

「そうですね。1点は奪われましたが、チームとしてまとまれていたことが最後の1点につながったと思います。次の新潟戦もこういうイメージで戦いたいです」

■西谷和希選手

――最後の直接FKを振り返ってください。

「普通にうまく蹴れたと思います。イメージ通りにしっかり落とせたので良かったです」

――志願したんですか?

「キッカーが何人かいるなかで、蹴らせてくれ、とお願いをして蹴ることになりました。みんなには、蹴れ、と言われたし、ゴールが欲しかったので」

――いつも練習をしている?

「FKの練習はしていないですけど、シュート練習はしていて、落とすボールは蹴り込んできたので、ボールが止まっているか、動いているか、その違いだけだったと思います」

――次もホーム戦です。

「今日のように粘り強い守備をしながら僕たちのサッカーを見せて、その上でゴールを奪いにいきたいと思います」