結果(詳細)

第1節 2018/02/25(日) 14:03〜 栃木グ(8,526人)
曇 主審:川俣 秀 副審:竹田 和雄 , 藤井 陽一

HOME

栃木SC

  • 大黒 将志 57'
  • 西谷 和希 90+3'

試合終了

2-4

  • 0前半3
  • 2後半1

AWAY

大分トリニータ

  • 後藤 優介 4'
  • 後藤 優介 11'
  • 藤本 憲明 24'
  • 伊佐 耕平 78'

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    33

    石川 慧

  • DF

    26

    夛田 凌輔

  • DF

    3

    西河 翔吾

  • DF

    30

    田代 雅也

  • DF

    28

    温井 駿斗

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • MF

    5

    ヘニキ

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    14

    西谷 和希

  • FW

    9

    大黒 将志

  • FW

    25

    ネイツ ペチュニク

控え

  • GK

    15

    ジョニー レオーニ

  • DF

    19

    服部 康平

  • MF

    2

    西澤 代志也

  • MF

    24

    和田 達也

  • MF

    29

    川田 拳登

  • FW

    8

    廣瀬 浩二

  • FW

    16

    榊 翔太

大分トリニータ

監督片野坂 知宏

先発

  • GK

    31

    高木 駿

  • DF

    4

    竹内 彬

  • DF

    5

    鈴木 義宜

  • DF

    6

    福森 直也

  • MF

    7

    松本 怜

  • MF

    19

    星 雄次

  • MF

    33

    丸谷 拓也

  • MF

    35

    宮阪 政樹

  • FW

    10

    藤本 憲明

  • FW

    27

    三平 和司

  • FW

    9

    後藤 優介

控え

  • GK

    1

    修行 智仁

  • DF

    41

    刀根 亮輔

  • MF

    14

    岸田 翔平

  • MF

    15

    清本 拓己

  • MF

    20

    小手川 宏基

  • MF

    48

    川西 翔太

  • FW

    18

    伊佐 耕平

ゲームイベント

交代

栃木 82' MF 21 牛之濵 拓 → MF 29 川田 拳登
82' MF 11 岡﨑 建哉 → MF 24 和田 達也

大分 65' FW 10 藤本 憲明 → FW 18 伊佐 耕平
69' MF 35 宮阪 政樹 → MF 48 川西 翔太
87' FW 27 三平 和司 → MF 15 清本 拓己

イエローカード

栃木 44' 3 西河 翔吾
85' 30 田代 雅也

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

大分トリニータ

シュート数

14
10
DF 3
西河 翔吾
1
DF 26
夛田 凌輔
1
MF 14
西谷 和希
4
MF 21
牛之濵 拓
2
FW 9
大黒 将志
5
FW 25
ネイツ ペチュニク
1
MF 7
松本 怜
1
MF 19
星 雄次
1
MF 33
丸谷 拓也
1
FW 9
後藤 優介
4
FW 10
藤本 憲明
2
FW 18
伊佐 耕平
1

CK

6
2

直接FK

12
9

間接FK

2
4

PK

0
0

GK

6
12

オフサイド

2
4

ハーフタイムコメント

栃木SC

・守備はコンパクトに、まとまって戦おう
・攻撃の良かったところは後半も続けていこう

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「ホームで迎える開幕戦に多くのファン・サポーターに来場いただき、素晴らしい雰囲気を作っていただきました。だからこそ勝点3が欲しい試合でした。この結果は残念だし、申し訳なく思っています。試合前から、やってやる、という開幕戦の雰囲気があって、そのままキックオフに入っていけると思いましたが、それが逆に作用したと思います。前半の4分と11分に失点しまうことはこの2年なかったので、ゲーム的に難しくなってしまったと思います。ただ、全体を通して選手たちは諦めない姿勢やハードワークは見せてくれたと思います。実際にチャンスの数もゴール前のいい形を作ることも、ここ2年でなかったような形がいっぱいありました。ただ、今年の栃木がJ2を戦ううえでそれでOKにしてしまうのは良くないので、選手たちにも、今日の課題を修正して次の岡山戦に臨もう、という話をしました。僕自身、映像でポイントを整理して次につなげたいと思っています」

――J2の舞台の初戦で苦い結果になりました。守備面の課題はあると思います。またこの2年でみられなかった攻撃の形というのは。

「失点についていえば、奪われた時間帯がよくなかったと思います。キックオフして10分で2失点するのは良くないし、ゲームの入りがどうだったのか、プレーの選択はどうだったのか、見直さないといけないと思います。また、ゴールを奪われた形自体もどうだったのかをしっかり分析しないといけません。いい攻撃の形というのは、このゲームでポイントになると思っていたサイドの2対2の場面で相手を剥がしてクロスまでいくシーンが多かったこと、それとクロスの本数自体は多かったと思います。その精度やクオリティは上げないといけないと思っています」

■ヘニキ選手

「まず、今日スタジアムにお越しいただいたファン・サポーターの皆様に感謝いたします。引き続き応援していただければと思います。ゲームについてですが、もちろん開幕戦で相手が大分、簡単な試合ではないと思いましたが、いくつか前半にミスがあって早い時間帯に失点してしまったのはよくなかったし、自分自身も改善しないといけない面があります。ただ、すべてが悪かったわけではないし、次まで一週間あるので、改善して、次に向けて準備したいです」

――ボランチの岡﨑選手とのコンビはどう感じていますか。

「すごくいいコンビネーションが取れているし、キャンプでもずっとコンビを組んできたので、いいコンビだと思います。さらに良くなるように次に向けて準備します」

■西谷和希選手

――0-3になってから後半は開き直って大胆にいけた印象です。

「後半は自分たちの立場を理解して、後半の頭から大胆にやれたと思います。それを前半からやれればいいと思います」

――後半、サイドからドリブルで相手二人をこじ開けるシーンがありました。改めてJ2のピッチをどう感じたんでしょう。

「個の能力は通用すると思いました。ただ、結果は負けなので、どれだけ自分が通用したのかよりも、チームが負けたことを反省しないといけないと思います」

――最後にゴールを決めましたが、悔しがるような表情を見せていました。

「あの時間に獲っても遅いと思ったし、次には繋がりますが、チームの勝利に貢献できなかった。その前にもっとビッグチャンスがあったし、そのときに決められない自分に対する怒りもあります。あれを決めていかないとJ2では勝てないと思います」