結果(詳細)

第33節 2017/11/26(日) 13:03〜 栃木グ(8,245人)
晴 主審:川俣 秀 副審:上原 直人 , 若松 亮

HOME

栃木SC

試合終了

0-0

  • 0前半0
  • 0後半0

AWAY

AC長野パルセイロ

栃木SC

監督横山 雄次

先発

  • GK

    15

    ジョニー レオーニ

  • DF

    26

    夛田 凌輔

  • DF

    5

    尾本 敬

  • DF

    22

    メンデス

  • DF

    7

    菅 和範

  • MF

    21

    牛之濵 拓

  • MF

    11

    岡﨑 建哉

  • MF

    16

    仙石 廉

  • MF

    14

    西谷 和希

  • FW

    25

    ネイツ ペチュニク

  • FW

    13

    上形 洋介

控え

  • GK

    23

    川田 修平

  • DF

    29

    川田 拳登

  • MF

    2

    西澤 代志也

  • MF

    24

    和田 達也

  • FW

    8

    廣瀬 浩二

  • FW

    20

    藤沼 拓夢

  • FW

    19

    服部 康平

AC長野パルセイロ

監督浅野 哲也

先発

  • GK

    16

    阿部 伸行

  • DF

    15

    西口 諒

  • DF

    3

    大島 嵩弘

  • DF

    5

    寺岡 真弘

  • DF

    20

    都並 優太

  • MF

    22

    國領 一平

  • MF

    24

    新井 純平

  • MF

    25

    有永 一生

  • MF

    14

    東 浩史

  • FW

    7

    佐藤 悠希

  • FW

    10

    宇野沢 祐次

控え

  • GK

    1

    田中 謙吾

  • DF

    2

    松原 優吉

  • DF

    11

    阪田 章裕

  • DF

    35

    天野 貴史

  • FW

    13

    勝又 慶典

  • FW

    19

    三上 陽輔

  • FW

    28

    小林 秀征

ゲームイベント

交代

栃木 56' MF 16 仙石 廉 → MF 24 和田 達也
56' FW 13 上形 洋介 → DF 29 川田 拳登
77' MF 21 牛之濵 拓 → FW 20 藤沼 拓夢

長野 65' FW 10 宇野沢 祐次 → FW 13 勝又 慶典
76' MF 25 有永 一生 → FW 19 三上 陽輔
83' FW 7 佐藤 悠希 → DF 2 松原 優吉

チームスタッツ

栃木SC
  • 合 計

AC長野パルセイロ

シュート数

6
8
DF 7
菅 和範
1
DF 22
メンデス
2
DF 26
夛田 凌輔
2
MF 21
牛之濵 拓
1
DF 15
西口 諒
1
DF 20
都並 優太
1
MF 14
東 浩史
1
MF 22
國領 一平
1
MF 25
有永 一生
1
FW 7
佐藤 悠希
1
FW 10
宇野沢 祐次
1
FW 13
勝又 慶典
1

CK

2
7

直接FK

15
11

間接FK

2
1

PK

0
0

GK

12
9

オフサイド

2
1

ハーフタイムコメント

栃木SC

・前半の良かったところを続けていこう
・ロスタイムまで集中して戦って、必ず勝利しよう!

総評(試合終了後の栃木SCのコメント)

■横山雄次監督

「お疲れさまでした。ホーム最終戦セレモニーでも話をさせてもらったのですが、多くのサポーターが来ていただくなかで、そして、非常にいい雰囲気を作って頂いたゲームでした。だからこそ今日のゲームは勝たないといけなかったと思います。勝点3を取れなかったことは申し訳ない結果だと思っています。ただ、リーグ戦を戦うなかで、今日の結果で幸いにも最後の一試合に勝てばリーグ優勝ができる位置にいますので、前を向いて僕らができることをやって、次の試合で勝点3をとるためにすべてを懸ける、それしかないと思っています」

―今日のゲームで良かった点、反省点は。

「今日のゲームは選手全員が気合いが入っていたし、やろうとすること、やらないといけないことはきっちりやってくれていたと思います。ただ、長野さんもファイトしていて、局面のバトルで負ける部分が多く、なかなか自分たちのペースでゲームを運ぶ流れには至らなかったと思います。どんなゲームでもそうですが、局面のバトルで負けない気持ちも含めてしっかり心身のコンディションを作らないといけないと思っています。内容に関しては、前半も後半もなかなか大きなチャンスがなかったと思います。だからこそ、セットプレーも含めて、もう少しサインを詰めるとか、そういう作業が今週は必要になると思います。もう少し工夫だったり駆け引きだったりが必要だったと思っています」

―今、沼津のゲームが終了して、最終戦は引き分け以上で昇格できるという状況になりました。引き分けでもいい、という戦い方でいくのか、あくまで優勝を狙うのか、どうなんでしょうか。 

 「引き分けを狙うことは考えていません。最後ですので、最後のゲームに勝つための準備をするのが当然だと思っています」

■夛田凌輔選手

―長野は堅い守備でした。

「そうですね。個が強いチームだし、その上で強固な守備を敷いてくるチームです。ただ、僕たちも今日は失点していないし、お互いにそういう戦いをしているので、今季は二戦ともスコアレスだったのかなと思います」

―去年は後半アディショナルタイムに夛田選手がゴールを決めましたが、栃木でも同じシーンを、という期待はみんな持っていたと思います。

「そうですね。みんなから言われていたし、自分も長野から移籍するなかで強い思いをもってきたし、それで今日を迎えたので、長野相手にゴールを決めたかった気持ちはあります。でもなかなか難しかったですね」

――最終戦への意気込みをお願いします。 

 「勝てばいいわけで、勝てば、この5試合を勝ちなしでも引き分けで繋いできた意味が出てきます。みんなで力を合わせて勝ちたいと思います」

■西谷和希選手

―勝ち切りたいゲームだったと思います。

「みんな気持ちは強かったし、戦う意志は見せたと思いますが、結果が全てです。しっかり真摯に受け止めて次に向けて頑張りたいです」

―8千人以上のグリスタの雰囲気はどう感じましたか。

「J3ではなかなか実現できない雰囲気だと思うし、今日はアウェーの長野のサポーターも多かったので、そのなかでプレーできる喜びは感じました。こういう状況下で結果を残せれば成長できるはずので、最終戦でこの悔しさをぶつけたいと思います」

――最終戦は勝って優勝を決めたいですね。

「なかなかJリーグでこういう緊迫したゲームは味わえないので、そういう試合がもう一試合できるのはありがたいです。ゴールも決めてサポーターと喜び合いたいです」